MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
渾身のひと皿!東京エリア「ポテサラ」15選!今宵はポテサラ行脚へGO!

渾身のひと皿!東京エリア「ポテサラ」15選!今宵はポテサラ行脚へGO!

東京都内のポテトサラダを提供しているお店からおすすめ15選!ポテトサラダは酒場の名脇役とは言いますが、見てください、この主役級の存在感!!ビールにも、日本酒にも、ワインにも合う、渾身のひと皿を集めた図鑑がこちらです。皆さんも、今宵はポテサラ行脚へGO!

perm_media 《画像ギャラリー》渾身のひと皿!東京エリア「ポテサラ」15選!今宵はポテサラ行脚へGO!の画像をチェック! navigate_next

目次

進化系ポテサラの 多彩な味わいに驚く

「ポテトサラダ? 好きですよ。メニューにあるとつい頼んじゃいますね」

では、ここのポテサラは凄いぞ! と薦められる店はある?

「え~っと……」

と、即答に困る人は少なくないはず。お恥ずかしながら私、ライター林もそう。

 居酒屋だとおそらく置いていない店のほうが少ないのに、過剰な自己主張をしない、謙虚なイメージのポテサラさん。刺身だの揚げ物だの、派手なメニューの影に埋もれている逸品があるとすれば、これは由々しきことである。発掘せねば!

 というわけで、今回は昆虫ならぬ“ポテサラ収集”と題しまして、虫とり網(カメラ)を片手にポテトサラダを探し歩くこと一ヵ月。大衆居酒屋、立ち飲み、焼き鳥店、日本酒バー。そして和食のみならず、バルやビストロにも足を運びました。


(恵比寿)おじんじょのポテサラはカレー味のコリコリ沢庵が味と食感のアクセント。

写真:おじんじょのポ・テ・サ・ラ 626円

界隈の食通が集う、恵比寿の隠れ家風居酒屋。自慢のポテサラは、カレーの風味をまとわせた沢庵が味の要だ。イモのクリーミーな味わいとトッピングのチーズ、食欲をかきたてるカレースパイスの合わせ技はお見事。こだわりの特製レモン酎とぜひ。

[店舗情報] 晩酌屋 おじんじょ 恵比寿
東京都渋谷区恵比寿西2-2-10 西牧ビル1階 ☎03-5784-1775 17時半~翌1時(金~翌2時)、土16時~翌1時(日・祝~翌0時半) 無休

(不動前)だんだんのポテサラは熟成されたイモの旨さをがっつり頬張る。

写真:ともだちのポテサラ620円

使用するジャガイモは“雪むろ”で熟成させた北海道産キタアカリ。雪を詰めた貯蔵庫で1~ 2年保管することで、イモの甘みと粘りがぐっと増すという。味付けはマヨネーズと、隠し味に醤油を少々。たっぷりと振られたコショウが全体を引き締めている。

[店舗情報] だんだん 不動前本店 不動前
東京都品川区西五反田4-8-4 ☎03-6431-9137 17時~翌1時 無休

(池袋)サンダーバードのポテサラは鶏料理専門店ならではの燻製チキンが決めて。

写真:特製ポテトサラダ 518円

ちょこんと控えめな風貌ながら、口に入れると、自家燻製した鶏むね肉の旨みがじんわり。ジャガイモには滑らかさを出す生クリーム、そして隠し味に自家製の広島産レモンジャムを使う。ダシ醤油で味付けした半熟玉子などにも、丁寧な仕事ぶりが光る。

[店舗情報] サンダーバード 池袋東口店 池袋
東京都豊島区南池袋1-13-21 和泉屋ビル地下1階 ☎03-5396-6833 17時~24時 無休




驚かされたのは「ポテサラってこんなに多彩な料理だったの?」ということ。

共通点はジャガイモのみ。

味付けでいえばカレー味だったり、燻製が混ぜ込んであったり。どこにでもあるメニューだからこそ、その店の個性や心意気がぎゅっと込められておりました。


(中目黒)栃木屋のポテサラはメニューにあればラッキー!名店のレアな一皿。

ポテトサラダの肉巻き 620円

適度につぶしたイモにキュウリやニンジンを加え、マヨネーズで味付けしたシンプル系。一見すると“超普通”だが、すべてのバランスが絶妙で、「原点にして頂点」と通い詰めるファンも多い。週に2、3日だけ登場する「肉巻き」も想像を超える美味しさ。

[店舗情報] 栃木屋 中目黒
東京都目黒区東山1-3-12 日神プラザ中目黒1階 ☎03-3711-6591 17時半~翌2時(土・祝~翌0時) 日(連休中日の場合は営業)

(渋谷)なかめのてっぺんのポテサラは燻製サバのスモーキーな香りに誘われて

さば燻と半熟たまごのポテトサラダ 540円

ひと口食べれば、鼻腔をふわりと抜けるスモーキーな香り……その正体はほぐした燻製サバの干物。上に鎮座する半熟玉子を崩して混ぜ合わせれば、黄身のまろやかさ、サバの塩分と旨みが渾然一体に。これぞ、酒の肴と呼ぶにふさわしい一品。

[店舗情報] なかめのてっぺん 渋谷店
東京都渋谷区宇田川町41-26 ☎03-6416-1923 18時~翌1時(金・土~翌2時) 不定休

(新橋)竜馬のポテサラはコンビーフとの運命的な出会いに乾杯。

ポテトサラダコンビーフのせ 430円※22時以降は480円

まず目を奪われるのは、ドーンとそびえ立つコンビーフの山! 程よい塩気の上質なコンビーフに、イモの食感を残したシンプルなポテサラ。単品でも最高のつまみだが、お互いが合わさると旨さは無限大に。卵好きには「ポテサラオムレツ」(500円)も人気。

[店舗情報] 立ち飲み 竜馬 新橋
東京都港区新橋2-13-3 ☎03-3591-1757 16時半~23時LO(金~24時半LO)、土17時~23時LO 日・祝

(恵比寿)ジェムバイモトのポテサラは揚げたてホクホク、極上の日本酒と共に。

ポテトサラダ 600円

口に入れて「温かい!」と驚くこのポテサラは、注文後に油で揚げる皮付きのイモをクリームチーズで和えたもの。イモの甘みを生かすため、塩気はほぼ生ハムのみ。香ばしいクルミも名脇役だ。カリスマ的人気を誇る日本酒バーだけに、つまみも妥協なし。

[店舗情報] GEM by moto 恵比寿
東京都渋谷区恵比寿1-30-9 ☎03-6455-6998 17時~24時、土・日・祝13時~21時 月




こうしてマイ・ポテサラ図鑑が充実してくると、マニアックな種類が欲しくなるのはコレクターの性でしょうか。

「ポテサラちくわ天」や「ハムカツポテトサラダサンド」といった希少種をゲット。

これも、ひとつのメニューを集中的に食べ歩くときならではの楽しみです。


(恵比寿)しんのポテサラは名前はちくわでも、穴の中がポテサラです。

ちくわサラダ 850円

熊本の美味を中心とした料理を提供する店のポテサラはなんと、ちくわに挟み込んで揚げるというもの。衣のサクサク感とポテサラの滑らかな歯応えの妙を楽しんで。もちろんビールや焼酎にもぴったりの味わい。

[店舗情報] しん 恵比寿
東京都渋谷区恵比寿南1-16-5 タチムラビルディングサウス 地下1階 ☎︎03-6663-8731 12時〜14時LO、18時〜23時LO 日

(新橋)駿のポテサラは衣で揚げても旨かったポテサラ界の異端児。

ハムカツポテトサラダサンド 497円

ハムで男爵イモの王道ポテサラを挟んで揚げた名物。注文を受けてから形成し、衣はサクサク。ポテサラの厚みもすごい。最初はそのまま頬張り、好みでソースをかけてもいい。これでワンコイン以下は感涙モノ。

[店舗情報] 水炊き 駿 新橋
東京都港区新橋3-11-5 新橋グランディアビル1階 ☎03-3436-2200 11時半~14時(土は休)、17時~23時半 日・祝

(北千住)是屋のポテサラはソースをかけた美味しさを特製タレで実現!

特製タレかけ炙りベーコンポテトサラダ 600円

店主の父親がポテサラにソースをかけ「旨い!」と食していたことが、このポテサラの原点。玉ねぎや醤油を使った、甘じょっぱい特製タレをキュウリとベーコンのポテサラにかけ、懐かしくも新しい旨さに仕上げた。

[店舗情報] 是屋 北千住
東京都足立区千住東2-6-8 ☎︎03-6806-2935 17時〜24時 日

(五反田)望月のポテサラは味、値段、ボリューム三拍子揃った実力派。

ポテトサラダ 400円

400円ながら、器にこんもりと盛られた気前の良さ。玉ねぎ、ハム、ピーマンはバターで炒めることでジャガイモによくなじんでいる。酒がすすむ味で、この量でもいつの間にかペロリ。昼の定食(600円)にも付く。

[店舗情報] 割烹 望月 五反田
東京都品川区西五反田7-9-10 ☎︎03-3492-5874 11時半〜14時半、17時〜23時 土・日・祝




ビストロにも、美味しいポテサラありました!

ポテサラがうまい店は居酒屋のみにあらず。おしゃれなバルや洋風ビストロならではの個性的なひと皿も見逃せません。ポテサラって、本当~に懐が広い!


(神田)ブラッスリーザンのポテサラはガツンと骨太な味わいで女ゴコロをわし掴み。

男前ポテサラ 486円

ニンニクやアンチョビを利かせた男前な味付けは、酒のアテにもパンのお供にもぴったり。イモはゴロっとした部分と、トロリと崩した部分のバランスが絶妙。

[店舗情報] ブラッスリーザン 神田
東京都千代田区鍛冶町1-7-1 ☎03-3251-2233 17時~23時半、土16時~23時 日・祝

(池袋)アガリコのポテサラは黄身とラー油をよーく混ぜて召し上がれ。

大阪で見た!メガマッシュポテトサラダ 518円

黄身が流れ出る半熟玉子の上に、自家製のガーリックラー油をトッピング。タルタルソースを加えたまろやかなポテサラと、ラー油の刺激が実によく合う。

[店舗情報] アガリコ 池袋店 池袋
東京都豊島区池袋2-10-6 ☎03-3590-3170 17時~翌7時 無休

(神楽坂)ラムダック東京のポテサラはこれぞ肉ビストロの心意気!ド迫力ベーコンに圧倒!

ブッチャーズのポテトサラダ 756円

炭火で焼きあげる約30センチの厚切りベーコンは、肉ビストロならではの迫力。マッシュしたメークイーンには、自家燻製の半熟玉子が混ぜ込んである。

[店舗情報] ラムダック東京 神楽坂
東京都新宿区神楽坂6-8 松崎ビル1階 ☎03-6823-4014 17時~23時半、土・日・祝16時~23時半 月※祝の場合翌火休

(新橋)ヤマヤキッチン ロットのポテサラは博多の明太子メーカーやまやの直営バルが作る!

名物ホクホクじゃがいもの明太サラダ 810円

スタッフが客の目の前で手作りするスタイルが斬新。ジャガイモ丸ごと一個に、辛子明太子とマヨネーズ、厚切りベーコンを豪快に混ぜ合わせて完成だ。

[店舗情報] Yamaya Kitchen L'O TTO Italian Bar 新橋
東京都港区新橋1-4-5 ヒューリック G10ビル1階 ☎03-3569-0880 11時~14時、17時~23時 日・祝

ポテサラを引き立てる 酒はこれ!




ポテサラはどんな酒に合うのか? 

結論、なんにでも合います! 

とりあえずビールかサワーをグビグビの人には、基本的にサッと出してもらえるポテサラはありがたいつまみ。日本酒はイモの優しい甘みを引き立ててくれるし、濃い味のポテサラにはワイン、燻製を使ったポテサラにはウイスキーが最適。ポテサラは店がウリにしている酒に合わせて作られている場合が多いので、その酒を頼むのがベストかもしれません。

普段なにげなく食べているメニューも、見方を変えれば主役級の美味しさが潜んでいるのでありました。




※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
最近巷をにぎわせている飲料と言えば、クラフトコーラ、レモンサワーにノンアルビール&サワー。評判の店に行ったり、飲み比べをしたりで、それらの評判に偽りなし!なのかどうかを確かめてみました!
あったか〜いご飯に、卵をのせ、醤油をまわしかけ、かっこむ。言ってしまえばそれだけの卵かけご飯。でもそれが美味しくて、今ではTKGと呼ばれるほどの人気メニューに。各店の個性も出てきて、様々な店で食べるのも楽しいです。そんなTKGのオススメ店5軒をご紹介!
冬の味覚で名前が挙がるものといえば「牡蠣」。生でも焼きでもフライでも、どのように調理しても美味しくいただけます。ここでは、「おとなの週末」で紹介した三ツ星店から5軒ご紹介します!
調理パンの王様的存在は何といってもカレーパンでしょう。揚げた生地のサクサクした食感に、ねっとりとした濃厚な具材の調和が食欲をそそります。 スパイシーな香り、食べた満足感……。「おとなの週末」が選ぶ東京都内で激ウマなカレーパンが食べられるお店はココだ!
寒さが身に染みる真冬は一杯のラーメンが恋しいもの。醤油に塩、味噌、とんこつ……。数あるジャンルの中から選ぶとしたら、この時期は辛さがじんわりとカラダを温めてくれる「担々麺」ではないでしょうか。名店が集う激戦区の東京から5店を紹介します!
最新記事
“肉系さぬき”を謳う大門にある人気店の2店舗目がこちら。ここで肉好きが避けて通れないのが「スペシャル」だ。
9カ月にわたりシーズンが続く女子プロゴルファー。身体が資本のアスリートですが、個人競技のため食生活の管理は完全に個々に任せられています。旅から旅への遠征が基本で外食も多いため、食事の時間は心身どちらにも大切です。そんな心と身体を解きほぐす“ハートめし“を、女子プロの皆さんが教えてくれます。今回登場するのは”れいちぇる“こと臼井麗香さん。先日も、スタンレーレディスゴルフトーナメント(10月8日~10日、東名CC)で初日に首位に立つなど好調なプレーが目立ちます。れいちぇるが推す地元・栃木県鹿沼市のとっておきのお店を紹介します。
人気貝料理店でありながら、1日100食売れる弁当はバリバリの台湾料理! 系列店が台湾にあるため、本場仕込みの「ルーロー飯」(豚角煮飯)と「ジーロー飯」(鶏肉飯)を日本人の口にも合うように、丁寧に拵えてある。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
今も昔も製麺所を営み、麺類の美味しさは中華街でも指折り。当然“冷やし”でもその旨さを堪能できる。
get_app
ダウンロードする
キャンセル