MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
洋食バル ウルトラ(洋食/経堂)|ジューシーケチャップソースのハンバーグ

洋食バル ウルトラ(洋食/経堂)|ジューシーケチャップソースのハンバーグ

経堂エリアの洋食屋「洋食バル ウルトラ」のハンバーグのグルメ記事と写真のページ。 豚の生姜焼きにエビフライなど、魅力的な洋食メニューが勢ぞろい。なかでも人気がこのハンバーグだ。[交]小田急線経堂駅南口から徒歩1分

洋食バル ウルトラ(最寄駅:経堂駅)

ふっくらジューシーケチャップソースでご飯がすすむ!

合挽き肉に、ナツメグやブラックペッパー、ニンニクを練り込み、しっかりと下味をつけて肉の旨みを引き出している。合わせるソースはケチャップベースで、醤油や日本酒でコクをプラス。ふっくらジューシーなハンバーグと絶妙のコンビネーションだ。夜にはイタリアンやフレンチの前菜も品書きに並ぶので、それをつまみにワイングラスを傾けるのもいい。

ハンバーグステーキ
1058円

表面に焼き目をつけてから白ワインで蒸し焼きにし、ふっくらとした仕上がり。ミンチは食感となめらかさを兼ね備えた中挽き肉を使用する。昼はセットで900円(温泉玉子付きは+100円)

ハンバーグサンド
1080円(夜のみ)

カリッと焼いたトーストで自家製マヨネーズや目玉焼きと共にサンドする。ワインのお供にもピッタリだ

洋食バル ウルトラ

東京都世田谷区経堂1-19-2 松菱ビル1階 ☎03-6413-9326 [営]11時〜15時半(15時LO)、18時〜24時(23時LO) [休]日、第1月 [席]カウンター8席、テーブル20席 計28席/昼は全席禁煙、夜は禁煙席あり/19時までの入店のみ予約可(昼は不可)/カード可/サなし [交]小田急線経堂駅南口から徒歩1分

電話番号 03-6413-9326
2016年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
大正14年(1925)創業。代々続くメニューがずらりと並ぶなかでも、このグラタンはいたってシンプル。
「ちょっと一杯飲みに行こう」、という意味の店名には、気軽な雰囲気で最高のひと皿を味わってもらいたいという有沢シェフの想いがこもる。中でもホーロー鍋に山盛りで出てくる名物が、国産のムール貝と旬の貝を蒸したもの。
雰囲気やサービスはビストロのように気取らず、それでいて料理は手間を惜しまず丁寧にソースを作りあげ、季節の食材の美味しさを存分に引き出している。パリの星付きレストランでも修業した中井シェフの赤ワイン煮は、ピュアでクリアなソースが特長的。
デミグラスソースでハンバーグを煮込む。そのひと手間を加えるだけでこんなにも味わい深くなるものか。
昭和47~48年頃、賄いでグラタンを食べたいという従業員のため、耐熱皿の代わりにトースト用食パンで作ったのが“グラパン”誕生のきっかけ。さらに1年ほど前、メニューにあったビーフシチューをグラパンにしたら美味しいのではないかと、土・日・祝限定で「デミグラスグラパン」を始めた。
いま最も注目されている飲み屋街、西成。 そのなかでも昔から西成通に愛されている角打ちがある。 それが、17年前にオープンした「山口酒店」。 「立ち呑みの部分だけ間借りしてます。お酒は隣の酒屋から選んでもってきてくださいね」 という名物ママが仕切る、居心地の良い店なのだ。
大正14年(1925)創業。代々続くメニューがずらりと並ぶなかでも、このグラタンはいたってシンプル。
長い玉子焼きを、キューブ状にカットして食べやすくした商品。ほんのりささやかな甘みの中に、風味豊かな青海苔が混ぜ込まれ、後味はさっぱり爽やか。
自粛生活のなか、キッチングッズで面白そうなものを探していたところ、キッチントイ「究極のMYO」なるものを発見!  キッチントイって、おもちゃなの? おもちゃでマヨネーズ?  さっそく購入して、その『究極っぷり(?)』を試してみました〜!
2018年9月、うれしいニュースに街がわいた。あの『逸業』が半年ぶりに復活!。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt