MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
榎本ハンバーグ研究所(西ケ原)|こだわり満載の魅惑のハンバーグ

榎本ハンバーグ研究所(西ケ原)|こだわり満載の魅惑のハンバーグ

西ケ原エリアにあるハンバーグ屋「榎本ハンバーグ研究所」のグルメ記事と写真のページ。ふわっふわの食感で噛みしめるとジューシー、思わず笑顔になるような幸せ味のハンバーグだ。[交]地下鉄南北線西ケ原駅2番出口から徒歩20秒

perm_media 《画像ギャラリー》榎本ハンバーグ研究所(西ケ原)|こだわり満載の魅惑のハンバーグの画像をチェック! navigate_next

榎本ハンバーグ研究所(最寄駅:西ヶ原駅)

こだわり満載ふわっふわ絶妙の焼き加減!

数々のこだわりが詰まっているのだが、何よりフライパンで1枚1枚じっくり仕上げる、絶妙な焼き加減がその魅力を最大限にしてるのは間違いない。“研究所”の名前通り、試作を重ねた365種類のレシピからその時々にオンリスト。本気のハンバーグ愛をぜひ堪能すべし。

デミグラスビーフシチューの煮込みハンバーグ(ライス付)
大・250g1850円(150g1590円・200g1720円)

牛バラ肉を自家製デミグラスソースでじっくり煮込んだビーフシチューがかかっている

初代しるばーぐ 250g(大)
1340円(150g1080円・200g1210円)

つけ麺からヒントを得たという名物しるばーぐ。濃厚な鰹ダシとハンバーグが合う。ハンバーグもご飯もスープに入れてレンゲで食すのだ

榎本ハンバーグ研究所

東京都北区西ケ原2-44-13 西ケ原ハイツ1階 ☎03-3910-7020 [営]11時〜15時半、18時〜21時半(祝祭日ランチのみ) [休]不定休(お問い合わせください) [席]カウンター6席、テーブル28席 計34席/全席禁煙/予約夜のみ可(メルマガ会員昼も可)/カード不可/サなし [交]地下鉄南北線西ケ原駅2番出口から徒歩20秒

電話番号 03-3910-7020

榎本ハンバーグ研究所の関連記事

2016年11月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
口に運んだ瞬間の衝撃! 弾力のある粗挽き牛肉のコクがギュギュッとしみ出し、香ばしい焦げ目から濃厚な肉汁があふれ出す。
洋食店としての創業ながら、先代はとんかつ専門店だったという歴史を持つ店の当代が打ち出したのは、驚くほどふわふわのハンバーグ。「子どもの頃、親父が作るハンバーグが好きで、それを再現したかった」と店主は笑う。
[鉄板焼 さとう]のランチには13時を過ぎると訪れる人多し。なぜなら、通常200gのハンバーグが300gに無料で増量できるからだ。[鉄板焼 さとう]の[交通アクセス]は 地下鉄千代田線赤坂駅1番出口から徒歩5分
食材にこだわるご褒美昼メシなら「ラ・ブシュリー・近江」に決まり。何と言っても近江牛専門精肉店の直営だけに、牛肉はすべて一頭買いしている近江牛の処女牛を使う贅沢ぶりだ。
 肩が触れ合うような狭いカウンター席に、煙がモウモウと立ちこめる店内。この店を訪れる理由はただひとつ、絶品のラムを味わい尽くすためだ。
最新記事
日本在住のロンドンっ子たちの間で話題になっているお店が表参道にオープン。その名は『リナストアズ』。ロンドンのソーホー地区で1944年に創業し、今もなお人気を誇るイタリアンデリカテッセン&レストランです。英国外初の出店となる1号店に伺いました。
琥珀色の米粒から、ぷぅ~んと匂い立つ醤油の香ばしさ。1929年の開業時から受け継がれた味だ。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。第1回は、国民的バンドとなったサザンオールスターズの桑田佳祐です。
活躍中のカメラマン・鵜澤昭彦氏による、美味なるマグロ探訪記。第3回は新宿山吹町にある、小料理屋『ぐり』の「天然生マグロづけ丼」。極上の「マグロ丼」は人と人との不思議な巡り会いで誕生した。
並のロースは税込800円。しかも羽釜で炊いたご飯と丼にたっぷりの豚汁付きでってところもうれしくなる。
get_app
ダウンロードする
キャンセル