MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
【閉店】[サカナの中勢以] 魅惑のハンバーグのグルメ記事と写真(ハンバーグ/三越前)

【閉店】[サカナの中勢以] 魅惑のハンバーグのグルメ記事と写真(ハンバーグ/三越前)

三越前エリアの「サカナの中勢以(サカナノナカセイ)」のハンバーグは和牛のなかでも最高峰と言われる但馬牛を、昔ながらの枝肉熟成=枯らしの技法で長期熟成させ、旨みを引き出す。その熟成肉100%のハンバーグがこれだ。[アクセス]地下鉄半蔵門線・銀座線三越前駅A6番出口から直結

【閉店】サカナの中勢以(最寄り駅:三越前駅)

長期熟成但馬牛の贅沢にして深〜いコクと旨み

粗挽きと2度挽きが合わされ、ごろっとした肉感のあるひと切れを口に運べば、味が深〜い。「シンプルにわさび醤油で」というのも納得の肉味。上質な脂と、凝縮した旨みは、後味まで堪能すべし。

熟成但馬牛のミンチステーキ
2300円

焼き上がりはミディアムレアでふっくら。余計なもののない、熟成但馬牛1本勝負の美味しさ。熟成香とコクのある味は日本酒との相性も高し

牛ハム三種盛り合わせ
1800円

熟成肉の牛ハムをサカナに一杯やるのもおすすめ。霜降り、赤身、パストラミの三種盛りは、それぞれ単品でも注文できる。本日の白ワイン、赤ワイン、熟成肉によく合う日本酒も揃う

【閉店】サカナの中勢以の店舗情報

東京都中央区日本橋室町2-3-1 COREDO室町2・地下1階 ☎03-6262-3232 [営](イートイン)11時半〜15時LO、17時〜20時半LO [休]COREDO室町2の営業に準ずる [席]カウンター8席/全席禁煙/予約不可/カード可/サなし [交]地下鉄半蔵門線・銀座線三越前駅A6番出口から直結

電話番号 03-6262-3232
2016年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
洋食店としての創業ながら、先代はとんかつ専門店だったという歴史を持つ店の当代が打ち出したのは、驚くほどふわふわのハンバーグ。「子どもの頃、親父が作るハンバーグが好きで、それを再現したかった」と店主は笑う。
[鉄板焼 さとう]のランチには13時を過ぎると訪れる人多し。なぜなら、通常200gのハンバーグが300gに無料で増量できるからだ。[鉄板焼 さとう]の[交通アクセス]は 地下鉄千代田線赤坂駅1番出口から徒歩5分
食材にこだわるご褒美昼メシなら「ラ・ブシュリー・近江」に決まり。何と言っても近江牛専門精肉店の直営だけに、牛肉はすべて一頭買いしている近江牛の処女牛を使う贅沢ぶりだ。
 肩が触れ合うような狭いカウンター席に、煙がモウモウと立ちこめる店内。この店を訪れる理由はただひとつ、絶品のラムを味わい尽くすためだ。
 ここの魅力は岩中豚を100%使用したパテの旨さ。肩ロースやハラミなど挽き方の異なる4種類の部位を巧みに合わせ、力強い味わいを実現している。
この店の厨房を預かるシェフは御年70歳に近い大ベテラン。その手から生まれるカレーは「昔ながらの優しい味」と店主のチェトリさん。
2020年6月、とんでもなくスペシャルなサバ缶がデビューを果たした。その名は「とろさばプレミアム缶」。お値段はなんと「3缶1万円」! 1缶あたり「3333円」と、おそらく「日本一高いサバ缶」凄さは、価格だけではない。 今回は、素材から製造まで、とことん「プレミアムすぎる」サバ缶の魅力に迫った。
東京のおすすめつけ麺店を、グルメライターが実際に試食してレポート!数ある中からイチオシのお店をピックアップしてまとめ記事にしました。誰もが知っている超有名店、一風変わったカレー味や、辛さが自慢のお店など、どこも魅力的なところばかりです。
7654views ラーメン特集
瑞江の駅前で22年、夫妻で切り盛りする和食店。「焼きごはん」は、しっとりと焼き上げて特製の和風醤油ダレの旨みを存分に活かす。
そうめんと言えば夏の定番中の定番メニュー。普段は自宅で食べることが多いけど、わざわざ足を運びたくなるのがこちらの店。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt