MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
ワイン食堂 レインカラー(ハンバーグ/学芸大学)|ジュワッと出る肉汁に歓喜!

ワイン食堂 レインカラー(ハンバーグ/学芸大学)|ジュワッと出る肉汁に歓喜!

しっかりと利いたスパイスと塩味により、羊の甘みが引き出されたハンバーグ。丸々として大ぶりで、中にはプリンッとした食感と濃厚な旨みのフォアグラが入る。

perm_media 《画像ギャラリー》ワイン食堂 レインカラー(ハンバーグ/学芸大学)|ジュワッと出る肉汁に歓喜!の画像をチェック! navigate_next

ワイン食堂 レインカラー(最寄駅:学芸大学駅)

たっぷりとかけられたパクチーソースのおかげでさっぱりといただける。

大人のラムハンバーグにフォアグラ入れちゃいました‼
1680円

ワイン食堂 レインカラー

[住所]東京都目黒区鷹番2-8-21 1F 
[TEL]03-5721-3612 
[営業時間]18時~翌2時(翌1時LO) 
[休日]水曜日
[アクセス]東急東横線学芸大学駅東口から徒歩4分

電話番号 03-5721-3612
2016年11月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
口に運んだ瞬間の衝撃! 弾力のある粗挽き牛肉のコクがギュギュッとしみ出し、香ばしい焦げ目から濃厚な肉汁があふれ出す。
洋食店としての創業ながら、先代はとんかつ専門店だったという歴史を持つ店の当代が打ち出したのは、驚くほどふわふわのハンバーグ。「子どもの頃、親父が作るハンバーグが好きで、それを再現したかった」と店主は笑う。
[鉄板焼 さとう]のランチには13時を過ぎると訪れる人多し。なぜなら、通常200gのハンバーグが300gに無料で増量できるからだ。[鉄板焼 さとう]の[交通アクセス]は 地下鉄千代田線赤坂駅1番出口から徒歩5分
食材にこだわるご褒美昼メシなら「ラ・ブシュリー・近江」に決まり。何と言っても近江牛専門精肉店の直営だけに、牛肉はすべて一頭買いしている近江牛の処女牛を使う贅沢ぶりだ。
 肩が触れ合うような狭いカウンター席に、煙がモウモウと立ちこめる店内。この店を訪れる理由はただひとつ、絶品のラムを味わい尽くすためだ。
最新記事
白砂糖、合成甘味料、保存料、添加物を一切使用しないチーズケーキ専門店。様々なフレーバーのチーズケーキが揃うが、まず味わってほしいのが「ドライフルーツ レアチーズケーキ」。
美味満載の発酵食品は、知識がなくとも普通に旨い。でもその効果や働きを少しでも知れば、虜になるほど興味津々になること間違いなしです!
福井県の「鯖街道」で「飲食店が少ない」ことで嘆いていた町が、サバジェンヌ曰く「日本でいちばんホットな『サバ名所』」にまで成長! そこで食べられる絶品のサバグルメをジェンヌが食べまくり。熱量たっぷりのレポートです!!
品書きには白飯が進む中華のおかずがズラリ。その中に店名を冠したラーメンを発見した。
福井名物の和菓子といえば「羽二重餅」。その銘菓をどら焼きに挟んだ「羽二重どら焼」が人気だと聞いて食べてみました。“ふっくら”していて“もちもち”の食感。「和菓子通からも長年愛されてきた」という理由が頷ける美味しさです。
get_app
ダウンロードする
キャンセル