MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
鳥雅|焼きあがり絶妙な旨さをナチュラルなワインと(焼き鳥/永福町)

鳥雅|焼きあがり絶妙な旨さをナチュラルなワインと(焼き鳥/永福町)

オープンは昨年の10月。永福町と都心からは少し離れた場所ながら、すでに口コミで旨いもの好きにじわじわ人気の店である。

perm_media 《画像ギャラリー》鳥雅|焼きあがり絶妙な旨さをナチュラルなワインと(焼き鳥/永福町)の画像をチェック! navigate_next

鳥雅(最寄駅:永福町駅)

焼鳥屋らしい和の佇まいにして活気ある雰囲気。焼き上がる手前であげて余熱で火を入れるという焼き鳥は、店主の井上さん曰く「焼きたてをその場で食べてほしい」。火入れが絶妙なんである。炭の香りと抜群の食感、焼き鳥をガブッとやったときの旨みをぜひ。通常のワインと別に、「自然な味わいが相性いいなと思う」ヴァン・ナチュール(自然派ワイン)が常時20種類ほど揃っているのも特長。ロゼあり、微発泡あり、タイプも幅広く、価格設定もリーズナブル。ハマる人が増えてるのも納得だ。

ササミ、合鴨、ツクネ、皮、セセリ
280円、280円、280円、230円、230円

パリッと焼けてダシ醤油も利いた皮や、ぎゅっと旨みの濃い合鴨、脂ののったセセリの肉感等々、焼き物はほかにも、ウズラや背肝、カッパ、がら玉など、20種以上が揃う。気合いの入った焼き上がり

万願寺とうがらし炭焼
680円

万願寺を鰹節とダシ醤油で。季節ごとに旬の野菜もいろいろ楽しめる。

朝〆合鴨のタタキ
1380円

朝〆の合鴨タタキは、肉味が濃く、新鮮な旨さ。わけぎの醤油漬けと一緒に

焼き鳥に合うロゼや白、微発泡なども揃う自然派ワインはショーケースから自分で選べる。ボトルの裏には選びやすいようにコメントも。ボトルは4500円または5500円均一。ボトル2480円均一の通常のワインも赤白タイプ別に7種類ずつ揃っている

VdF ブリュタル / ラ・ソルガ(赤)
ボトル 5500円

左のロックなジャケは、化学へのアンチテーゼ。深みと透明感ある味わいが合う。

レストン・ナチュール・ダークナットドメーヌ・クンプフ・エ・メイエー(ロゼ)
ボトル 5500円

右はロゼの微発泡。シュワっとしてて、ピュアなエキス感も焼き鳥と相性◎

鳥雅

■鳥雅
[住所]東京都杉並区永福4-6-2
[TEL]03-6265-8911
[営業時間]17時〜23時LO、土・日・祝16時〜23時LO
[休日]月
[座席]カウンター7席、テーブル10席 全17席/全席禁煙(外で喫煙可)/予約可/カード不可/お通し400円
[アクセス]京王井の頭線永福町駅北口より徒歩5分

電話番号 03-6265-8911
2016年11月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
岩手県産みちのく鶏のみずみずしさを活かし、備長炭の遠赤効果で均等に加熱して、ジューシーに焼き上げた串が名物。肉の仕入れに強いこだわりがあり、近江牛のもつ鍋、宮崎産妻地鶏のたたきなども評判だ。
揚げたてを積んだ唐揚げの山。これぞパワフルランチ!と絶叫したくなるボリュームだ。それもこれも「界隈で働くビジネスマンはもちろん、体力勝負のガテン系の職人さんも、気取らずお腹いっぱい食べてほしい」という社長の粋な心意気ゆえ。
西日暮里にある鶏料理の名店「鳥のぶ」から独立して3年。もはや根岸を代表する居酒屋と言っていい。
有名店や老舗をはじめ、焼鳥店が山のようにある銀座でも、ここは通いたくなる店の筆頭格だ。まずはもちろん大将の熟練の技が光る串物を。
世は低糖質が花盛り。でも……、いやだからこそ、炭水化物という名の背徳の美味に、より心惹かれてしまうのだ(と思う)。
最新記事
昔懐かしいサンプルケースや、歴史を感じる窓の木枠が、ザ・洋食屋らしい佇まい。昭和11年から守り続けるきちんとした仕事は、ポークカツレツの端正な姿を見れば一目瞭然。
思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えする本記事。レタスの続編です!
昨年末にオープンしたばかりのお店。春の新作のこちらは、クリームチーズのムースをベースにしたタルトに季節のフルーツと色鮮やかなゼリーを重ねたもの。
コロナ禍でなかなか温泉にも行けない状況です。せめて、記事の中だけでも行った気分になりませんか? 本誌で料理写真を撮影しているカメラマン・鵜澤昭彦氏による温泉コラム。温泉好きに馴染み深い3つの格言にあてはまらない会津若松の極上の温泉宿をご紹介します。
みなさま、野菜食べてますか? 本誌の調査内容によって、思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えします。今回は「萵苣」!
get_app
ダウンロードする
キャンセル