MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
フェルミンチョ ボカ|カバとモダンタパスの陽気な関係 (スペイン料理/六本木一丁目)

フェルミンチョ ボカ|カバとモダンタパスの陽気な関係 (スペイン料理/六本木一丁目)

「美味しいカバを探していましたが、コンデ・デ・カラルはまさにイメージ通りです。バランスがよくて、味に奥行きがあるので料理を選ばない」と太鼓判を押すのは、スペインのミシュラン星付き店で修業を積んだ『フェルミンチョ』の作元慎哉シェフ。※ランチタイム有

フェルミンチョ ボカ(最寄駅:六本木一丁目駅)

カバの産地カタルーニャの名門ワイナリーで丁寧に造られたエレガントなカバのコンデ・デ・カラルは、スペインワイン最高評価本でも高評価を得ている。 今回、『フェルミンチョ』のエッセンスを受け継ぐ2号店『フェルミンチョボカ』の薩木シェフが「コンデ・デ・カラル ブリュット」に合わせたタパスは、「鯵と梨とドライトマトのモッホソース和え」。カバのほのかな果実味と梨の淡い甘みを合わせ、そこにキリッとした酸が加わり、鯵との相性ばっちりだ。「ブリュット」のやや複雑な後味が、次の料理への期待も高めてくれる。

「カタルーニャの人たちは、どんな料理にもカバを合わせることが多いんです。このカバなら前菜からメインまでずっと楽しめますね」と作元シェフ。また『フェルミンチョボカ』では、リクエストすれば、一名からオーダー可能という人気のタパスコースを、コンデ・デ・カラルに合わせて組み立ててくれるというから楽しみだ。

かぼちゃと塩ダラのブニュエロ
734円

手前から「かぼちゃと塩ダラのブニュエロ」734円。素揚げコロッケのような「ブニュエロ」を秋らしくカボチャで。
香菜ソースが爽やかな「鯵と梨とドライトマトのモッホソース和え」810円

鯵と梨とドライトマトのモッホソース和え
810円

フェルミンチョ ボカ

東京都港区六本木1-4-5 アークヒルズサウスタワー 1F ☎03-6426-5760 [営]月~金 11時~16時(15時LO)、17時~23時(22時半LO)、土 11時~16時(15時LO)、17時~22時(21時LO) [休]日・祝 [席]カウンター10席、テーブル8席、計18席/全席禁煙/夜は予約可/カード可/サなし、お通し代なし [交]地下鉄南北線六本木一丁目駅3番出口直結

電話番号 03-6426-5760
2016年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
昨年オープンした丸ビルの新鋭は既存のスペインバルとは一線を画す。テーマは日本の中心地・東京ならではの洗練されたモダンスパニッシュだ。
カジュアルな雰囲気のスペインバル。看板商品のパエリアは全5種類。
おとなの週末「三ツ星プレミアムビールを満喫できる店」特集掲載店舗。スペイン&メキシコ料理の店。
錦糸町で日本人オーナーシェフが腕をふるうスペイン料理『バル ポルテーニョ』。アルゼンチン料理を目当てに向かった。
欧州からの輸入品を扱う食品会社が直営するレストランで、ランチタイムに行っているのが、自社製品をふんだんに使ったビュッフェだ。産直野菜を20種〜30種類も集めた豊富なサラダや、日替わりの肉・魚料理、パエリア、カレーなど、彩り豊かな料理がビュッフェ台に並ぶ。※ランチタイム有
自粛期間中、“日本中が、もーやってらんない”となった期間、私が最もやってらんない気分になったのは、スーパーでおやつ関係が品薄になっていたことである。 そんな私を支えてくれたのは、フルーツゼリー。近所のスーパーではフルーツゼリーが品薄になることはなかった(苦笑)。 そこで今回は、私が大好きなレモンゼリーについて語ろうと思う……!
2011年3月12日に博多駅~鹿児島中央駅間の、全区間で開業しました。 九州新幹線の開業で、終点鹿児島中央駅で買える駅弁も充実です。 もちろん、南九州らしいメニューです。 そしてもう一つ。 鹿児島に行ったら、ぜひ食べたいと思っていたのが白熊です。 もう、全国区になったカキ氷です。 鹿児島で有名なアーケード天文館にある名店むじゃきに向かいました……。
リンゴを食べて育つ「津軽どり」を使ったチキンカツは、甘みがありプリッとジューシー。自家製のタルタルとすりおろしたリンゴを入れて煮込まれた濃厚なソースを合わせているため、カツに負けない味わいの「胚芽入りパン・ド・ミ」をセレクトしている。
かつて、徳川将軍家の茶の湯に用いる良質な水を汲み上げていたことが「御茶ノ水」の地名の由来だとか。この地で1899年(明治32年)に創業した老舗ホテル『龍名館』が営むのが、まさに日本茶をテーマにしたレストランなのだ。
モツ好きでこの店の味に唸らない人はいまい。備長炭で焼く芳しい串に奥深き味噌味の煮込み、加えてワイワイ陽気な喧騒にハマったら最後、ヤエチカに通うことになる。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt