SNSで最新情報をチェック

「美味しいカバを探していましたが、コンデ・デ・カラルはまさにイメージ通りです。バランスがよくて、味に奥行きがあるので料理を選ばない」と太鼓判を押すのは、スペインのミシュラン星付き店で修業を積んだ『フェルミンチョ』の作元慎哉シェフ。※ランチタイム有

画像ギャラリー

フェルミンチョ ボカ(最寄駅:六本木一丁目駅)

カバの産地カタルーニャの名門ワイナリーで丁寧に造られたエレガントなカバのコンデ・デ・カラルは、スペインワイン最高評価本でも高評価を得ている。 今回、『フェルミンチョ』のエッセンスを受け継ぐ2号店『フェルミンチョボカ』の薩木シェフが「コンデ・デ・カラル ブリュット」に合わせたタパスは、「鯵と梨とドライトマトのモッホソース和え」。カバのほのかな果実味と梨の淡い甘みを合わせ、そこにキリッとした酸が加わり、鯵との相性ばっちりだ。「ブリュット」のやや複雑な後味が、次の料理への期待も高めてくれる。

「カタルーニャの人たちは、どんな料理にもカバを合わせることが多いんです。このカバなら前菜からメインまでずっと楽しめますね」と作元シェフ。また『フェルミンチョボカ』では、リクエストすれば、一名からオーダー可能という人気のタパスコースを、コンデ・デ・カラルに合わせて組み立ててくれるというから楽しみだ。

かぼちゃと塩ダラのブニュエロ

734円

手前から「かぼちゃと塩ダラのブニュエロ」734円。素揚げコロッケのような「ブニュエロ」を秋らしくカボチャで。
香菜ソースが爽やかな「鯵と梨とドライトマトのモッホソース和え」810円

鯵と梨とドライトマトのモッホソース和え

810円

フェルミンチョ ボカ

電話番号 03-6426-5760

2016年11月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

あの人も大好きな うつくしき蕎麦 輪郭は淡く朧げ。しかし、どこか心の原風景を刺激する郷愁感溢れる香り...