MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
炭焼き&WINE 利三郎|季節の食材に合わせたベストなワインを品揃え(ビストロ/神田)

炭焼き&WINE 利三郎|季節の食材に合わせたベストなワインを品揃え(ビストロ/神田)

ワイン好きに知られる『遠藤利三郎商店』が新店舗を誕生させた。今回追求したのは炭焼き&ワイン。※ランチタイム有

炭焼き&WINE 利三郎(最寄駅:神田駅)

世界中から厳選した牛、豚、羊、鴨など常時6~8種類の肉を炭火で焼く料理のほか、グラム売りのパテ、国分寺の小坂農園から仕入れる野菜など利三郎商店のクオリティはそのままに、よりカジュアルに楽しめるよう工夫している。ワインは季節によって味わいのラインナップを変え、グラス400円~、ボトル2000円~と驚きの価格にも脱帽。

炭焼きハンガリーの国宝ラツカ羊のミルクラム
2650円

生まれて数か月の貴重なミルクラムをハーブやスパイスでマリネして炭焼きに。やわらかく、上品な旨みだ。

パテ・グランメールの計り売り
8円/1g

厚さ1㎝は約100g。豚肉のほか、鶏白レバー、パン、エシャロットなどを入れたソフトでコクのある口当たり。豚肉は粗めや細かめなど3種に挽き方を変えることで食感となめらかさを出している。最低でも3日寝かせ、全体に統一感のある味わいに

国分寺小坂農園の農家のサラダ
1000円

旬の野菜が日によって約15~30種類入る。農園と情報交換しながら常に新鮮でいいものを仕入れている

サリーチェ・サレンティーノ・リゼルヴァ トッレ・サラチェーナ(赤)
ボトル4000円

乳飲み仔羊の繊細でやさしい脂身と肉質には、やや力強く落ち着いた赤ワインを。写真のイタリア産は渋みがしっかり感じられ、ほんのりとしたスパイスの香りが炭焼きの香ばしさにピッタリと合う。

炭焼き&WINE 利三郎

東京都千代田区内神田3-4-4 寿々木ビル1階 ☎03-5577-5923 [営]11時半~14時半(14時LO)、17時半~23時半(22時半LO) [休]日・祝 [席]カウンター6席、テーブル18席、計24席/全席禁煙/夜のみ予約可/カード可/サなし、お通し350円別 [交]JR山手線ほか神田駅西口から徒歩5分

電話番号 03-5577-5923
2016年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
道玄坂から神泉駅に向かう通り沿いにある、古い一軒家を改築したビストロだ。メニューには広島・岡山を中心とした備後地方の食材をふんだんに使用した料理が並んでいる。
皿によそられ出てきたときの興奮度は半端ない。魚介と野菜の色あざやかなルックス。
「ガンゲット」とはビストロよりも気安い酒場のこと。かしこまらずに食べられるが、料理はクラシックなビストロメニューを揃えている。
ワイワイ、カチャカチャ。ビストロらしい賑わいが似合う店だ。メニューには「フランスの片田舎にあるようなワイン居酒屋」とあり、気取りなく、一方でワインに対して気の利いたアテが揃っている。
 かつて神保町で氷屋を営んでいた民家を、9年前ビストロに改装。築72年になる昭和の建物をあえて残し、“晩ご飯の香りが漂う夕暮れに、自宅へと急ぎたくなるような”雰囲気を体現したという。
夏到来! 今年はマスク必須でこれまで以上に厳しい暑さとの戦いになること必至です。そんなときはつるつるっといただける爽快感抜群の冷やし麺が一番!! 冷やし中華や冷麺、ラーメンに、蕎麦、うどん。すすりにすすって見つけた三ツ星麺をご覧あれ。ほか、夏に効く「辛くて旨いもの」、この夏食べたい「アイス&ソフトクリーム」特集もあります。
27views 本誌紹介
赤羽屈指の行列店で、言わずと知れた讃岐うどんの名店だ。一番人気は、ジューシーな鶏もも肉の天ぷらが3つと大根おろしがのる「かしわおろしぶっかけ」。
自粛期間中、“日本中が、もーやってらんない”となった期間、私が最もやってらんない気分になったのは、スーパーでおやつ関係が品薄になっていたことである。 そんな私を支えてくれたのは、フルーツゼリー。近所のスーパーではフルーツゼリーが品薄になることはなかった(苦笑)。 そこで今回は、私が大好きなレモンゼリーについて語ろうと思う……!
2011年3月12日に博多駅~鹿児島中央駅間の、全区間で開業しました。 九州新幹線の開業で、終点鹿児島中央駅で買える駅弁も充実です。 もちろん、南九州らしいメニューです。 そしてもう一つ。 鹿児島に行ったら、ぜひ食べたいと思っていたのが白熊です。 もう、全国区になったカキ氷です。 鹿児島で有名なアーケード天文館にある名店むじゃきに向かいました……。
リンゴを食べて育つ「津軽どり」を使ったチキンカツは、甘みがありプリッとジューシー。自家製のタルタルとすりおろしたリンゴを入れて煮込まれた濃厚なソースを合わせているため、カツに負けない味わいの「胚芽入りパン・ド・ミ」をセレクトしている。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt