MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
ゲレロ|ふっくら、サクサク!ワインを呼ぶカツレツ(ピザ/下北沢)

ゲレロ|ふっくら、サクサク!ワインを呼ぶカツレツ(ピザ/下北沢)

今回の覆面調査で大当たりを発見! それが昨年下北沢にオープンしたピッツァ食堂『ゲレロ』だ。フィレンツェのピッツェリアで修業したシェフが作るピッツァはもちろん絶品だが、実はこちら、魚介や肉、野菜などの一品料理がすこぶる旨いのだ。※ランチタイム有

perm_media 《画像ギャラリー》ゲレロ|ふっくら、サクサク!ワインを呼ぶカツレツ(ピザ/下北沢)の画像をチェック! navigate_next

Guerrero|ゲレロ(最寄駅:下北沢駅、東北沢駅)

写真の「太刀魚のカツレツ香草バター」は、ふっくらサクサクに揚げられた太刀魚をタイム、セージ、レモン、バターでシンプルに味付けした一皿で、白ワインがすすんで仕方がない。魚介料理をはじめ、どの料理も飾りがなく塩加減も絶妙、まるでフィレンツェの食堂で食べているような気分になる。ボリュームもしっかりあり、コスパの高さは都内屈指! 予約が取れなくなる前に訪れて、自慢の料理を自然派ワインとともに気楽に楽しみたい。

太刀魚のカツレツ香草バター
1900円

シェフのスペシャリテ。

ジロール茸のオムレツ
1200円

京都産の新鮮卵を使った、秋の香り漂う絶品オムレツ

カプレーゼ
1500円

修業したフィレンツェのピッツェリアのメニューをそのまま再現しているというピッツァは、料理とワインを楽しんだ後に最適な軽やかさ。他店にはない珍しいピッツァもあるので、いろいろ試してみたい

一本釣りのカツオのタタキ
1100円

ディルが香る爽やかな味付けが心地いい「カツオのタタキ」。

ラディッキォとラフランスのサラダ
1100円

ゲレロ

東京都世田谷区北沢3-23-23 ☎03-6416-8041 [営]11時半~14時半(14時LO)、18時~24時(23時LO) [休]月 [席]カウンター8席 テーブル12席 計20席/全席禁煙/カード可/予約可/サなし [交]小田急小田原線ほか下北沢駅から徒歩約8分、東北沢駅から徒歩約5分

電話番号 03-6416-8041
2016年11月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
ひと言で言えば、ここはピッツァや一品料理、ワインなどを同列にきちんと味わえる店だ。使い勝手も柔軟で、ピッツァを軽くつまむだけでも、前菜からメインまでしっかり食べたい時も、ワイン1杯からでも歓迎してくれる。
看板商品の「デミグラスソース」と、トマトの甘みと酸味のバランスが絶妙な「トマトソース」の2種のミートソースをメインに、四季ごとの季節限定メニューを展開する。味のベースとなる自家製フォンは、焼き上げた牛骨と野菜から旨みを抽出して凝縮。
もちもちの生パスタが売りで、おひとり様のチョイ飲みにも便利なカジュアルレストラン。自粛営業中に始めたテイクアウトは、遊び心あるブリトーや手の平ほどある大きな秘伝ダレのから揚げが目を引く。
軽やかな色合いのソースながら、口に含むとトマトの酸味と国産牛の旨みが驚くほど弾ける。聞けば、玉ネギやセロリなどを炒めて煮詰めたものをベースに、挽き肉と南イタリア産のトマト、シチリアの塩を加え、さらに煮込み、1日寝かせるのだという。
最新記事
九州、中・四国の美味しいものを気軽に楽しんでもらいたい。ゆえに魚、肉、ご当地の肴まで幅広く用意する。
12月7日(火)に数量限定で、ヱビス4種12缶オリジナルとんすい付き企画品、ヱビス24缶ケースそばちょこ小鉢付き企画品が発売されます。このとんすい、そばちょこ小鉢を使って食べたい、ヱビスにぴったりな蕎麦のレシピを紹介します。
12月7日(火)に数量限定で、ヱビス4種12缶オリジナルとんすい付き企画品、ヱビス24缶ケースそばちょこ小鉢付き企画品が発売されます。このとんすい、そばちょこ小鉢を使って食べたい、ヱビスにぴったりな鍋のレシピを紹介します。
ここ数年、植物性由来の食材を使い、肉や魚などに似せた「ヴィーガンフード」をよく耳にするようになった。いまや普通のスーパーでも、伊藤ハムや丸大食品などお馴染みのメーカーが作る植物性由来の大豆ミートを使用したハンバーグやハムなどが並ぶコーナーができるほど。しかし、それでもなお珍しいのは海産物系。植物性由来の食材だけで作ったヴィーガン海鮮丼を食べてきた!
親子丼の元祖として知られる『玉ひで』の姉妹店として、暖簾を掲げて今年でちょうど20年。熟練の職人が炭火で炙った端正な焼鳥はもちろんのこと、鶏を使った一品料理も申し分ない実力派。
get_app
ダウンロードする
キャンセル