MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
おっさん女子の吉祥寺パトロール(11) 吉祥寺で、店主の注文が多い料理店は『長男堂』に決定! の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(11) 吉祥寺で、店主の注文が多い料理店は『長男堂』に決定! の件

その昔、吉祥寺のお店で店主からの注文の多い料理店といえば、お好み焼きの『吉祥夢(きっちょむ)』であった。ここはお客に注意する&怒る店として有名で、テレビで取り上げられたりもした。そんな『吉祥夢』は2007年に閉店。そして2017年の今、吉祥寺で注文の多い料理店といえば『長男堂』である……!

perm_media 《画像ギャラリー》おっさん女子の吉祥寺パトロール(11) 吉祥寺で、店主の注文が多い料理店は『長男堂』に決定! の件の画像をチェック! navigate_next

吉祥寺で、店主の注文が多い料理店は『長男堂』に決定! の件(おっさん女子調べ)

 その昔、吉祥寺のお店で店主からの注文の多い料理店といえば、お好み焼きの『吉祥夢(きっちょむ)』であった。

 ここはお客に注意する&怒る店として有名で、テレビで取り上げられたりもした。

 食事中の会話禁止っていうのが大きな特徴だったのだが、私は基本怒られたくない人間なので(笑)、長らく吉祥寺に住んでいても足を踏み入れたことはなかった。

 だが、友達が「どうしても行きたい!」と言い出したので、事前に店での振る舞い方をレクチャーし、いざ入店……。

 しかし食事中の会話を思いっきり注意され、友達がそれに口答えしたら“出ていけ”と言われてしまいました……(涙)。

 それ以来、お店の前を通るにもビビッていた私。

 たまに店主が店の外で休憩していたりするのに遭遇すると、目を合わせないように、そそくさと通りすぎる日々であった。

 そんな『吉祥夢』は、2007年に店主が屋久島に移住するとかで閉店してしまった。

 今思えば、自分の店なんだから自分の思うようにしてOKだよね。店主を慕って通ってくる常連さんも多かったお店のようだったし……。

 しかし若かりしころ、おっさん女子以前の乙女マインド女子には、そんな懐の深さがなかったことを反省する今日このごろである。

イラスト/スタジヲワンツー

現在の吉祥寺で注文の多い料理店といえば……!?

 そして2017年の今、吉祥寺で注文の多い料理店といえば『長男堂』である。

 2006年にカフェとしてオープンしたが、紆余曲折あって、2012年ごろからお弁当とお惣菜の販売店になっている。

 私は図書館の帰り道に初めてふらっと入って、店主の無愛想&人見知りぶりが、なかなかいいなぁ、と思って、タイミングがあればご飯を食べるというスタンスであった。

 ちなみにこの店は、使っているお米と炊き方が、非常によいです。

 そこが好きになった理由のひとつ。糖質上等! 炭水化物大好き!の人はぜひここで米を食べて! 新潟県糸魚川産こしひかり「ひすいの雫」だそうです。



 しかしくどいようですが、ここは注文の多い料理店である。

 カフェ時代の『お店からのお願い』の一部をご紹介すると……。小さなお子様、にぎやかな団体、大学生、ハラの探り合いママ友集団、香水のキツイ方、ネットに書きたいカフェ巡りの方、食べ方の汚い人、は入店拒否することもある、と書いてあった。

 そしてネットのグルメサイトには、接客がひどい、愛想がない、客商売としての態度がなってないと書かれること多し……(笑)。

 実は2011年の3月11日。東日本大震災のとき、私はこの店にいたのである。

 しかもお客は私ひとり。豚汁&おにぎりセットを頼んだ直後に地震が!

 揺れがひどく、いろんなものが落ちてきたので「一緒に避難しましょう」と店主に言われ、二人で隣のコンビニ駐車場に避難。

 そのとき、店主が持って出たのはレジの鍵のみであった……(笑)。

 大事なのは、それか……。

 私は図書館の本を店に置き去り……。

 そして、初めてちゃんと会話したのもその時であった。

 ちなみにそれまでは「ごちそうさまでした」「ありがとうござました」以外の言葉を交わしたこともない関係……(笑)。

 その後、余震が続くなか、豚汁&おにぎりを食べながら、なんとなく心細いので二人でボソボソ会話をしていたのだが……。

 地震がちょっと落ち着いたころ、近くのお店の人や常連さんらしき人が、「大丈夫?」とか「吉祥寺の駅前はこんなだったよ」とか「誰それさんの店は今日はもう閉めたみたい」などなど、次々に店主の様子を気にかけて店に顔を出してくれるという状況に。 

 なんだかんだ言われてるけど、お客さんや友人&知人関係には恵まれた店主なのでは? とその時に思った私である。

 それに店主も接客が苦手なのは自覚ありで、自分のダメさに店を閉めようと悩むこともあったらしい……。

 でも、そこからスタイルを変えて、お弁当&お惣菜の店で営業するという形に落ち着いた模様。

 システム移行途中にお店が混沌としている時代もあって、店内の飲食は会員制(というか店主の裁量で着席拒否)という状況の時もあった……。

 このとき、私も店の前の貼り紙にけっこうビビって、店内に踏み込めず……(笑)。




独自の接客対応(笑)する『長男堂』に、モーニング&ランチが復活!

 そして朗報である。

 なんと超久しぶりに『長男堂』にモーニング&ランチが復活! 

 ちなみに接客は店主ではない別の人がやるそうだ(笑)。

 でも自分の店なんだから、これでいいのだ! 

 好きにやってOK! 

 たくさん店がある吉祥寺でこんなお店が1軒くらいあってもいいじゃん! と、立派なおっさん女子になった今、声を大にして言いたい。





吉祥寺のはずれで弁当・惣菜 こっそり食堂・喫茶を営む『長男堂』。
この“こっそり”の行間を好意的に読んであげてほしい。
日替わり弁当やお惣菜のほか、お弁当の予約、おせち、ケータリングなどのオーダーも受付中。糖質制限メニューなどもあって意外に(失礼!)きめ細かいです。
店主は不愛想だが、そんなのは気にするな!ちょっとシャイなだけ。
10月第2週から土日祝はモーニング(8:30~11:30)&ランチ(12:00~15:00)が復活!

●長男堂
お弁当販売は毎日12:00~23:00(平日は店内でイートイン可能)。
お店でイベントなどがある場合は変更もあるので、詳しくはHPで確認を。
[住]武蔵野市中町3-18-11 [休]火
http://chounandou2.ti-da.net/

 
 
 
 
 








天野七月/あまのななつき

ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
天野七月@おとなの週末

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

関連記事
なんと今回は、牛乳です。 ある日、三鷹のパン屋さんで『パン好きの牛乳』という200mlのパック牛乳を発見し、ハマってしまった次第。 ほかにも。美味しい牛乳があった気が……、ということで吉祥寺のスペシャルな牛乳をご紹介したいと思います。
今までの吉祥寺の和風のカフェ、喫茶店、甘味処は、比較的年配のマダムたちの需要が多かった吉祥寺である。しかし最近、けっこう若い女子向けのカジュアルな和風がキテるんじゃないでしょうか? ということで、今回は2020年にオープンした2軒ご紹介してみようと思います。
新型コロナウイルスのせいで、吉祥寺の飲食店は満身創痍という感じな今日この頃……。 メニューの見直し、店舗のリニューアルなどをする店も多いように感じます。 そこで今回は、吉祥寺でのサバイバルのために積極的にリニューアルを続けている定食屋を2軒ご紹介しようと思います。
白いご飯と、鶏唐揚げと、チーズが大好きなおっさん女子とは私のこと。 しかし最近、食パンに対する愛も芽生えてきたので、適度に食パンも食べ散らかしているのですが、最近、吉祥寺のチーズ食パンが熱い!っていうかチーズ教信者の私だけが、熱いのかもしれない……。というワケで、今回は吉祥寺の美味しいチーズ食パンをご紹介したいと思います。
小学校以来の食パントラウマを生食パンで癒し、食パンを食べ散らかしているおっさん女子ですが、最近は、あん食(144回)の暴力的なカロリーと美味しさにハマリ、あんこトーストを自宅で自作しているおっさん女子である。 そこで今回は、あんこトーストのお手本にしたい吉祥寺のお店をご紹介だ!
最新記事
キンと冷えた汁をゴクリとやると、すぐさますだちの涼しげな香りが鼻腔を抜ける。細打ちの蕎麦は喉をすべり落ち、その冷たさを直接胃まで運んでくれるようだ。
「東京ディズニーリゾート」の魅力は、人気アトラクションや華やかなショーだけではありません。パーク内のレストランなどで提供される料理の数々も、多くの人を惹きつけてやまない大きなポイントのひとつです。東京ディズニーリゾート初の公式レシピ本『Disney おうちでごはん 東京ディズニーリゾート公式レシピ集』(講談社)が刊行されました。本書では、東京ディズニーランド開園初期や東京ディズニーシー20周年記念のメニューまで、数万点の料理の中からパークの超一流シェフ6人が推す計62のレシピを紹介。パークの代表的なスイーツ「チュロス」ももちろん載っています。『おとなの週末Web』では、その中から3品を厳選。3回に分けてお届けします。
約20年前、世界各地を放浪していた私は、カンボジアの首都プノンペンをひとり歩いていたところ、全速力で走ってきた見知らぬおばちゃんに抱きつかれ……。カンボジアとベトナムを股にかけたインドシナの夜を前編・後編に分けてお届けします。
なんだかんだ言って、ジャンクで高カロリーなものって美味しいですよね。でも食べたあとに後悔することもあるわけで……。そんな罪悪感とは無縁かつヘルシーで美味しいものが東京・八重洲地下街の『2foods』でいただけるというお話しです。
get_app
ダウンロードする
キャンセル