MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
立鮨 葵(寿司/有楽町)|チョイ食べも、しっかり飲みも両方こなせる懐の深い店

立鮨 葵(寿司/有楽町)|チョイ食べも、しっかり飲みも両方こなせる懐の深い店

 13年前に開店。再開発工事のために今年6月に数10m東京駅寄りの新店舗に移動し、さらに人気を呼んでいる同店。※ランチタイム有

立鮨 葵(最寄駅:有楽町駅)

夜は「上にぎりセット(10貫)」1600円、「特上にぎりセット(12貫)」2100円と気軽な値段で、お好みも1貫100円~350円とリーズナブル。店長が毎日築地に買い出しに行き、自身の目で選んで魚を仕入れているので、値段以上の味と丁寧な仕事に驚くはずだ。中でもオススメは手巻き各種。海苔がしけないよう、必ず手渡しで出してくれる。つまみも充実し、座席も店内に8席、外に4席ほどあり、腰を落ち着けて飲める。土曜のみカウンターに椅子が並び、座って食べられる。

鮨のお好みにぎり

生甘えび 250円、するめいか 150円、さより 200円、金目鯛 250円、かつを 150円、マグロのづけ 150円、赤貝 250円、大とろ 350円。※価格はすべて1貫 ※日によって値段の変動あり
値段に比べて仕事が細かく、安心の味。常連に人気のメニューは「マグロのづけ」

玉ねぎさつま揚げ
(一丁)500円

「立鮨」とあるが、しっかり飲みたい人向けのメニューも充実。焼き物から旬のつまみまでそろう。ワンカップの日本酒で気取らずに飲みたい

かつをたたき
600円

生いくら正油漬けの手巻きずし
350円

外の“テラス席”にまで手渡しで届く

立鮨 葵

[住所]東京都千代田区丸の内3-6-8 JR高架下 [TEL]03-3215-3324 [営業時間]11時~14時半、17時~23時半 [休日]日・祝 [席]カウンター8席、テーブル2席、計8席/全席禁煙/予約可/カード不可/サ・お通し テーブル席のみお通し代300円 [交通アクセス]JR山手線有楽町駅国際フォーラム口から徒歩3分

電話番号 03-3215-3324
2016年12月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
東京の寿司店で修業を積み、約10年前に地元・横浜で独立。「わざわざ足を運んでもらうような場所なので、握りもひと工夫しています。
まず供されるシンプルな茶碗蒸しがあまりに美味しくて夢中で平らげてしまった。期待が高まったところで、にぎりを口にすると、シャリがふんわりとほどけた。
江戸前にこだわりつつも創意溢れる寿司を握り続けている親方。10年近く前に考案したのが、この寿司屋の深川飯だ。
渋谷でこの寿司屋を知っていたらきっと鼻が高いはず。代官山で40年愛された店が昨年移転。
店に入って最初に目につくのが、マグロの部位を示した黒板。そう、ここではまずマグロを味わうべし。
東京の寿司店で修業を積み、約10年前に地元・横浜で独立。「わざわざ足を運んでもらうような場所なので、握りもひと工夫しています。
全日本さば連合会が4月末よりスタートした「サバレシピリレー~サバトンをわたそう!~」。 その後も「サバトン」(バトンです……)は、北は北海道、南は鹿児島、さらになんとオーストラリアまで! サバレシピが続々と投稿されている。その数は、現在150を超えた。 和洋中、エスニックと、「サバラエティー」にあふれる多彩なレシピが大集合!
“食堂”をコンセプトとする新ブランドの看板は、ゲンコツと背脂、 バラ肉でとった豚100%の清湯ラーメン。スープは、超クリアな“あっさり”と背脂たっぷりの“こってり”から選択できるが、お店の推しは断然“こってり”だそう。
いま最も注目されている飲み屋街、西成。 そのなかでも昔から西成通に愛されている角打ちがある。 それが、17年前にオープンした「山口酒店」。 「立ち呑みの部分だけ間借りしてます。お酒は隣の酒屋から選んでもってきてくださいね」 という名物ママが仕切る、居心地の良い店なのだ。
大正14年(1925)創業。代々続くメニューがずらりと並ぶなかでも、このグラタンはいたってシンプル。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt