MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
ドンナ・セルヴァーティカ(バー/渋谷)|ウイスキーとチョコレートの甘美な取り合わせ

ドンナ・セルヴァーティカ(バー/渋谷)|ウイスキーとチョコレートの甘美な取り合わせ

上質な調度品、ゆったりとした空気感。バーで過ごす時間はそれだけで贅沢だが、ここではオーナーバーテンダー・古屋敷幸孝さんに導かれて、チョコレートとウイスキーの世界へ旅立ちたい。

ドンナ・セルヴァーティカ(最寄駅:渋谷駅)

「マリアージュのポイントはチョコレートの味のタイプごとに、チョコレートとウイスキーを合わせるタイミングを計ることにある」という。ピートの効いた「アードベッグ」はホワイトチョコレートを一緒に味わうことで、ミルク感とドライなピート香がゆらぎ、まるで新感覚のスイーツに。ビターなチョコレートを味わった後にウイスキーを飲めば、豊かで複雑な世界へ誘われる。ウイスキーとファインチョコレートという、遊び心溢れるマリアージュで心を解き放ってくれる一軒。

2006年に瓶詰された「アードベッグ/1990 アリナームビースト」。「チョコレートアソート」は1人分1700円。良質なカカオ豆を使ったファインチョコレートは常時40種類ほど

「ダンヒル/オールドマスター」は1990年代に販売されたもの

ドンナ・セルヴァーティカ

[住所]東京都渋谷区神南1-3-3 サンフォーレストモリタビル4階  ☎03-6416-9272 [営]18時〜翌2時(翌1時半LO) [休]日 [席]カウンター6席、テーブル6席 計12席/喫煙可/予約可/カード可/サなし、お通し代1000円別 [交]JR渋谷駅ハチ公改札から徒歩10分

電話番号 03-6416-9272
2016年12月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
カウンター7席のナチュラルワインバー。店をひとりで切り盛りする女性店主は元パティシエール。
天然水の強炭酸ソーダと溶けにくい特製氷で作った、冴えた飲み口のハイボールがなんと30種類以上! 
シードルとウイスキーを愛する店主・藤井さんが2015年に開いたバー。午後3時から営業しているのも魅力で、シードルはグラスでも楽しめるほか、料理も充実。
バックバーに並ぶのは山椒、コーヒー、ラベンダーなどを漬け込んだ約50種の自家製リキュール。これをベースにソーダやトニックウォーター、はたまたリクエストに応えて、とフレキシブルに飲ませてくれる。
飲み屋街のど真ん中にありながら、スタイリッシュな雰囲気が魅力的。ここで飲むべきは、常時10種類以上揃う季節のフルーツを使ったカクテルだ。
ユーグレナ(ミドリムシ)を配合した緑麺が代名詞の『麺屋 六感堂』がセカンドブランドを開業。“化学調味料を使わない体にやさしいラーメン”という本店のコンセプトは崩さず、新店舗では郷愁漂う懐かしい中華そばを提供する。
爽やかながら甘みもある日本生まれならではのバランスのよさはこれぞ洋食系の味わい!
吉祥寺の焼き鳥屋といえば『 I 』である。 吉祥寺通りの総本店、井の頭公園の入り口の公園口店は、みんな知ってるよね。 しかし実はもう一店舗あるんですよ。吉祥寺北口店が! ここは、意外に知られてないんだよね……。
いま思い出してもあの衝撃は記憶に残る……。 「なにこれ⁉ 美味い!」と思わず声を張りあげてしまったほど。 この素敵な出会いは、ディナーに誘われて迷い込んだお店で始まった。それが、内外観には草木の緑とレンガで彩られ、入った瞬間、なんとも言えない温かい空気を感じる「ONZORO.」というビストロだった。
お茶割り好きならすでにご存知であろう学芸大学の『茶割』。その新店として今年3月に登場したのが『茶割 目黒』。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt