MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
森のブッチャーズ(肉バル/神保町)ーおすすめランチのグルメ記事と写真

森のブッチャーズ(肉バル/神保町)ーおすすめランチのグルメ記事と写真

神保町の肉バル「森のブッチャーズ」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真ページ。午後の仕事にそなえてガツンとスタミナをつけたい、そんな時にオススメのパワフルランチをご紹介しよう!プレートにドンッと鎮座するのは180gものローストビーフ。[住所]東京都千代田区一ツ橋2-6-5

森のブッチャーズ(最寄駅:神保町駅)

午後の仕事に向けこの1食でスタミナチャージ!肉汁したたるUSA産ビーフを豪快なボリュームで!

塩とコショウでひと晩マリネしたアメリカ産のチャックアイロール(肩肉)を、3〜4kgの塊ごと弱火でじっくりロースト。 1人前ずつカットし、注文を受けてから仕上げに表面をさっと炙れば完成だ。炭火焼きならではの香ばしい風味が満点で、力強いコクが肉汁と共に押し寄せる。たっぷりのサラダにフライドポテト、さらにはフライドチキンも盛り込み、大満足のボリュームだ。大盛り無料のライスにスープ付き。食後のコーヒーはテイクアウトでどうぞ! ランチはもう1種類、ローストポークプレート850円も用意している。

ローストビーフプレート
950円

ゴマの風味を利かせた醤油ベースのソースを付けると、ライスがグイグイ進む!

森のブッチャーズの店舗情報

■『森のブッチャーズ』
[住所]東京都千代田区一ツ橋2-6-5
[TEL]03-6261-4610
[営業時間]11時半〜14時半(14時LO)、17時〜23時半(22時半LO)、土曜日は16時〜23時半(22時半LO)
[休日]日曜日・祝日
[アクセス]地下鉄半蔵門線ほか神保町駅A1出口から徒歩2分

電話番号 03-6261-461
2016年12月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
大正14年(1925)創業。代々続くメニューがずらりと並ぶなかでも、このグラタンはいたってシンプル。
「ちょっと一杯飲みに行こう」、という意味の店名には、気軽な雰囲気で最高のひと皿を味わってもらいたいという有沢シェフの想いがこもる。中でもホーロー鍋に山盛りで出てくる名物が、国産のムール貝と旬の貝を蒸したもの。
雰囲気やサービスはビストロのように気取らず、それでいて料理は手間を惜しまず丁寧にソースを作りあげ、季節の食材の美味しさを存分に引き出している。パリの星付きレストランでも修業した中井シェフの赤ワイン煮は、ピュアでクリアなソースが特長的。
デミグラスソースでハンバーグを煮込む。そのひと手間を加えるだけでこんなにも味わい深くなるものか。
昭和47~48年頃、賄いでグラタンを食べたいという従業員のため、耐熱皿の代わりにトースト用食パンで作ったのが“グラパン”誕生のきっかけ。さらに1年ほど前、メニューにあったビーフシチューをグラパンにしたら美味しいのではないかと、土・日・祝限定で「デミグラスグラパン」を始めた。
名古屋最大の繁華街といえば、栄。しかし、このエリア外にだって美味しい店はある。 それが今回紹介する『膳処 桂川』である。 北区黒川で12年間居酒屋を経営していた桂川真一さんが、昨年4月にオープンさせたお店だ。
愛知県の豊橋に降り立ったのは1978年のこと。 撮影の目的は飯田線です。このころの飯田線は魅力的で、国鉄各線で使われていた古い車両がまだ走り続けていました。 当時はいろいろな車両が走る飯田線で頭がいっぱいで、豊橋駅付近の、鉄道以外の魅力に気づきませんでした。 たとえば豊橋カレーうどん、そしてブラックサンダーです……。
納豆が書物に登場したのが平安中期のこと。一説には弥生時代にはすでに食べられていたとも言われている。
水切り、混ぜる、刻む。 1台3役の調理器具、「Toffy 3WAY サラダスピナー」が便利でいいというハナシを聞いて……。 自粛中ということもあり、ネットでポチっと購入。 さっそくいろいろな料理に使ってみました。
“恵み”を意味する『ALMA』では、東北六県の魚介類や野菜の仕入れにこだわり、各地の魚屋や農家と密に連携し毎日の食材を取り揃えている。写真の自家製の平打ちパスタにごろっと入るのは、もちろん六県各地の漁港から集まった新鮮なムール貝、ホタテ、サザエにツブ貝たち。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt