MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
魯肉飯、豚バラ肉は口に含めば噛むまでもなくとろける|ぷあん(タイ料理/西荻窪)

魯肉飯、豚バラ肉は口に含めば噛むまでもなくとろける|ぷあん(タイ料理/西荻窪)

週末には、土日限定の「カオソイ」(ココナッツ風味のカレー麺)を求めてやってくるお客も多い、アジアンご飯とカレーの店。※ランチタイム有

ぷあん(最寄駅:西荻窪駅)

こちらの魯肉飯、よくあるゴロゴロと豚の角煮の細切れがのっているタイプではなく、よく煮込まれて煮汁が半分ペースト状になった“とろける系”だ。豚バラ肉は口に含めば噛むまでもなくとろけ、シイタケの旨みがじんわり伝わってくる美味しさだ。

魯肉飯(スープ付き)
830円

ぷあん

東京都杉並区西荻南2-24-1 ☎03-5346-1699 [営]12時~15時、18時~22時LO [休]月 [交]JR西荻窪駅から徒歩5分

電話番号 03-5346-1699
2016年4月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
ホッピー、バイス、サワー類を揃え、昭和の大衆酒場的に楽しめるタイ料理だ。タイの中でもイサーン地方のグルメに特化し、現地から取り寄せる調味料やスパイスで、とことん本場の味を追求している。
お米屋さんが作ったフォー専門店だけあって、麺の食感がつるりと気持ちよく舌触りも抜群。化学調味料不使用のスープは上品で深い旨みをたたえ、後引く味わい。
この店のタイスキは、鶏ガラスープと4人前のてんこ盛り野菜が付いた基本セットに好きな具を追加するスタイル。具は牛肉、エビ、イカ、魚すり身団子、レバーなど全15種類で、すべて550円。
「生スーパータイサワー」は焼酎を使ったオリジナルフローズンドリンク。「パッポン(レモン)」はレモンの風味が爽やかな一杯だ。
夏にピッタリの刺激的な辛さ恵比寿や麻布十番に店を構えるタイ料理専門店「ブルーパパイア タイランド 」が、「京橋エドグラン」に出店。タイ人シェフらが作る料理は、まさに本場の味。
長らく白飯至上主義のおっさん女子であったが、最近、食パンに対する愛もちょっと芽生えてきた……。 はい、結論から先に言いましょう。練り込み系食パンは、『Cベーカリー』で買うべし! 吉祥寺東急デパートの通称デパサンにあるパン屋さんです。
大人気のサバ缶「No.38」。 「最高のサバ缶」を作るために、缶を開けたときのビジュアルにまでこだわり、高級感あふれるスタイリッシュなデザインのパッケージに身を包んだサバ缶は、1200円という価格にも関わらず、全国から注文が殺到!  サバ缶の初回生産分は、1ヵ月半で完売したという……。
スリランカを度々訪れ、スパイス使いの腕を磨き続けている黒田健さんのカツカレーは、まるでスパイスが生きているよう。甘めでまろやかなルウの中で、クミンの華やかさ、ブラックペッパーの辛み、クローブの深い香りなど、さまざまなスパイスが主張してきて、実に面白い。
厚めにカットされているのに、柔らかくジューシーなことに驚かされるラムチョップ。生後4~6ヶ月のニュージーランド産ラムを、チルドの状態で約2ヶ月かけて船便で取り寄せ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt