MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
くつろぎ宿 新滝、千代滝(旅館/会津東山温泉)|2館ハシゴで楽しむ会津の名湯と郷土の味、郷土の酒

くつろぎ宿 新滝、千代滝(旅館/会津東山温泉)|2館ハシゴで楽しむ会津の名湯と郷土の味、郷土の酒

 江戸期には松平家の別荘だった由緒ある「新滝」と、姉妹館「千代滝」。鶴ヶ城と城下町をイメージした館内の設えなど“会津らしさ”に彩られた2つの宿には、合わせて4ヵ所の趣きの異なるお風呂がある。

perm_media 《画像ギャラリー》くつろぎ宿 新滝、千代滝(旅館/会津東山温泉)|2館ハシゴで楽しむ会津の名湯と郷土の味、郷土の酒の画像をチェック! navigate_next

くつろぎ宿 新滝、くつろぎ宿 千代滝(最寄駅:会津若松駅)

「新滝」は温泉好きも絶賛するお湯の良さ、「千代滝」は眺望が自慢と、趣の異なる2館の湯巡りは滞在中の大きな楽しみだ。 客室数60室前後の大型旅館になると、“料理は期待薄……”という場合も多いが、この2館は料理の美味しさにも定評がある。夕食「創作会津郷土料理」には、ホタテの貝柱でとったダシで7種の具材を煮込む武家料理「こづゆ」や「ニシンの山椒漬」などが並び、会津へのこだわりがいっぱい。地元でも希少な銘柄を含め、約30種以上の会津の地酒とともに楽しめるのもうれしい限りだ。手作りの料理が並ぶ郷土色豊かな朝食バイキングも、朝から食欲をおおいにそそられる。

1泊2食
(新滝)12800円~ (千代滝)10800円~

会津産コシヒカリ「氏郷」などお米も厳選

ホタテと野菜の旨みが凝縮されたダシが絶品の「こづゆ」と「ニシンの山椒漬」

くつろぎ宿 新滝、くつろぎ宿 千代滝

(新滝)福島県会津若松市東山町湯本川向222、(千代滝)福島県会津若松市東山町湯本寺屋敷43 ☎0242-26-0001(予約センター) チェックイン15時/アウト11時 1泊2食10800円~(千代滝)、12800円~(新滝)※休前日3000円〜増 [交]【電車】磐越西線会津若松駅下車、バスで20分 【車】東北自動車道郡山JCT経由、磐越自動車道会津若松ICから約20分 ※日帰り入浴あり(「新滝」のみ。1500円。15時~20時30分)

2016年12月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
コロナ禍でなかなか温泉にも行けない状況です。せめて、記事の中だけでも行った気分になりませんか? 本誌で料理写真を撮影しているカメラマン・鵜澤昭彦氏による温泉コラム。温泉好きに馴染み深い3つの格言にあてはまらない会津若松の極上の温泉宿をご紹介します。
全室オーシャンビューの客室で、正面に伊豆大島を臨む絶景が広がる。露天風呂の眺めも素晴らしく、毎分100ℓという湯量を誇る、美肌の湯がかけ流されている。
 古くは湯治場として栄え、現在は宿泊利用者数全国一位の温泉リゾートへと発展した箱根。老舗旅館からホテルまで様々な宿がそろうが、おすすめは芦ノ湖畔の森に佇む「小田急箱根レイクホテル」だ。
 富士箱根伊豆国立公園内に位置する「天城荘」。落差30m、伊豆最大級の大滝が敷地内にあり、この滝を間近に見る混浴露天「河原の湯」が名物の宿だ。
里山の野菜やきのこ、川魚、赤城鶏など地元食材をふんだんに使った「山人料理」が自慢の宿。米は自家栽培、味噌も無添加で一から仕込むというこだわりよう。
最新記事
キンと冷えた汁をゴクリとやると、すぐさますだちの涼しげな香りが鼻腔を抜ける。細打ちの蕎麦は喉をすべり落ち、その冷たさを直接胃まで運んでくれるようだ。
「東京ディズニーリゾート」の魅力は、人気アトラクションや華やかなショーだけではありません。パーク内のレストランなどで提供される料理の数々も、多くの人を惹きつけてやまない大きなポイントのひとつです。東京ディズニーリゾート初の公式レシピ本『Disney おうちでごはん 東京ディズニーリゾート公式レシピ集』(講談社)が刊行されました。本書では、東京ディズニーランド開園初期や東京ディズニーシー20周年記念のメニューまで、数万点の料理の中からパークの超一流シェフ6人が推す計62のレシピを紹介。パークの代表的なスイーツ「チュロス」ももちろん載っています。『おとなの週末Web』では、その中から3品を厳選。3回に分けてお届けします。
約20年前、世界各地を放浪していた私は、カンボジアの首都プノンペンをひとり歩いていたところ、全速力で走ってきた見知らぬおばちゃんに抱きつかれ……。カンボジアとベトナムを股にかけたインドシナの夜を前編・後編に分けてお届けします。
なんだかんだ言って、ジャンクで高カロリーなものって美味しいですよね。でも食べたあとに後悔することもあるわけで……。そんな罪悪感とは無縁かつヘルシーで美味しいものが東京・八重洲地下街の『2foods』でいただけるというお話しです。
get_app
ダウンロードする
キャンセル