MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
松宝苑(旅館/新平湯温泉)|古民家で味わう飛騨のごちそうと絶景紅葉露天

松宝苑(旅館/新平湯温泉)|古民家で味わう飛騨のごちそうと絶景紅葉露天

 東京からだと移動にやや時間がかかるが、“西の宿”で推したいのが「松宝苑」。平湯温泉、福地温泉、新穂高温泉など5つの温泉地が点在する奥飛騨温泉郷の真ん中、新平湯温泉にある一軒宿だ。

perm_media 《画像ギャラリー》松宝苑(旅館/新平湯温泉)|古民家で味わう飛騨のごちそうと絶景紅葉露天の画像をチェック! navigate_next

松宝苑(最寄駅:松本駅)

 松宝苑の魅力は建物の風情、料理、温泉のトータルのバランスの良さ。堂々たる佇まいの母屋は120年の古民家を移築したもので、豪雪にも耐える太い柱や梁とモダンな調度品との調和が見事だ。ご主人自らが腕をふるうお膳形式の夕食も、この宿を何度も訪ねたくなる理由のひとつ。お造りや前菜の「壱の膳」、飛騨牛や渓流魚が並ぶ「弐の膳」、ご飯や汁ものの「参の膳」に加えて、飛騨牛のステーキや鍋など囲炉裏料理も味わえるという豪華さ。 大自然に抱かれるという言葉がぴったりの内湯や露天風呂の風情はもちろん、温泉好きも納得の泉質の良さ。女性にも喜ばれる「三拍子そろった宿」で、記念日の宿としてもおすすめだ。

1泊2食
12000円~

名産の飛騨牛は、ステーキで味わうほか、カルパッチョなどアレンジを加えて登場

夕食の一例。季節ごとの山里の幸を盛り込んだ、ボリューム満点の飛騨のごちそうが3つのお膳で提供される

松宝苑

岐阜県高山市奥飛騨温泉郷一重ヶ根205-128 ☎0578-89-2244 チェックイン14時/アウト10時 
1泊2食12000円〜※休前日同料金 [交]【電車】JR松本駅からバスで約90分 【車】長野自動車道松本ICから約90分 ※日帰り入浴不可

電話番号 0578-89-2244
2016年12月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
コロナ禍でなかなか温泉にも行けない状況です。せめて、記事の中だけでも行った気分になりませんか? 本誌で料理写真を撮影しているカメラマン・鵜澤昭彦氏による温泉コラム。温泉好きに馴染み深い3つの格言にあてはまらない会津若松の極上の温泉宿をご紹介します。
全室オーシャンビューの客室で、正面に伊豆大島を臨む絶景が広がる。露天風呂の眺めも素晴らしく、毎分100ℓという湯量を誇る、美肌の湯がかけ流されている。
 江戸期には松平家の別荘だった由緒ある「新滝」と、姉妹館「千代滝」。鶴ヶ城と城下町をイメージした館内の設えなど“会津らしさ”に彩られた2つの宿には、合わせて4ヵ所の趣きの異なるお風呂がある。
 古くは湯治場として栄え、現在は宿泊利用者数全国一位の温泉リゾートへと発展した箱根。老舗旅館からホテルまで様々な宿がそろうが、おすすめは芦ノ湖畔の森に佇む「小田急箱根レイクホテル」だ。
 富士箱根伊豆国立公園内に位置する「天城荘」。落差30m、伊豆最大級の大滝が敷地内にあり、この滝を間近に見る混浴露天「河原の湯」が名物の宿だ。
最新記事
写真のランチセットのサラダを見てほしい。つい笑みが出てしまうであろう、豪快な盛りだがこれで普通サイズ。
最近“進化系”が急増中の「サバ缶」。前回の「バターチキン風サバカレー缶」に続き、今回は明太子との夢の競演。しかも手掛けるのは、日本で初めて明太子を売り出した福岡県の老舗店。一体どんな缶詰なのか、どんな味なのか! サバジェンヌが実食レポートです。
ロシア人の祖母から母に受け注がれた、ボルシチやペリメニといった家庭の味に加え、アヒージョ、コンフィといった他国の家庭料理をアレンジした一品も提供。ワインだけでなくウォッカも10数種と充実しているので、気軽に本場の魅力を満喫できると人気を呼んでいる。
9月中旬、東京・目黒の祐天寺前にちょっと異色のフード&リカーショップがオープンした。「Longfellows TOKYO」は、大阪でオーストラリアやニュージーランドのワイン、ハードリカー、食材の輸入業を営む唄淳二(ばい・しゅんじ)さんが「自分が本当においしいと思うものを売る」食のセレクトショップだ。
インドの高級レストランで研鑽を重ねたダスさんが、2011年に開店。以来、気軽に楽しめる本格インド料理店として近隣の人に愛され続けている。
get_app
ダウンロードする
キャンセル