MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
オヤジのコンビニ食ダイエット(12) 肌寒い季節にぴったりの脱メタボフードが登場! ローソン「ブランの肉まん」

オヤジのコンビニ食ダイエット(12) 肌寒い季節にぴったりの脱メタボフードが登場! ローソン「ブランの肉まん」

あっという間に肌寒くなってきた昨今、コンビニのレジ横から、ヤツら(?)が「お客さん! ごいっしょにどうですか?」と誘惑してくる季節がやってきた! 1つは、脱メタボに使える低カロリー具材が多い“おでん”。そしてもう1つが、40オヤジなら子どものころに駄菓子屋で1個50円程度で食べることができた“肉まん”だ……。

肌寒い季節にぴったりの脱メタボフードが登場! ローソン「ブランの肉まん」


今年は残暑をほとんど感じることなく、あっという間に肌寒くなってしまったように思う。

そしてコンビニのレジ横から、ヤツら(?)が「お客さん! ごいっしょにどうですか?」と誘惑してくる季節がやってきた! 

1つは、大根、こんにゃく、しらたきなど、実は脱メタボに使える低カロリー具材が多い“おでん”。

そして、もう1つが40オヤジなら子どものころに駄菓子屋で、1個50円程度で食べることができた“肉まん”だ。

今では種類も豊富で、高級食材を使ったものも多数登場。

2年ほど前にローソンで売られた「特選国産ズワイガニまん」は、カニのうまみが驚くほど濃厚で、1個350円くらいの価格にも「この味なら安い!」とさえ思った。

そのローソンから今年発売されたのが今回の「ブランの肉まん」だ。


この連載の第1回に、同じくローソンの「ブランパン」を紹介したが、ブランの肉まんの生地にも“ブラン”が含まれている。

ブランてなんやねん? 

という人も多いと思うが、ブランとは主に小麦の外皮のことで、現在では小麦粉に含まれることなく、ほとんどが捨てられてしまう部分。

ところがブランは、ダイエットに欠かせない食物繊維が豊富で、ビタミンやミネラルなどの栄養素も多数含まれている。

これは白米と玄米を比較した場合も同じで、精白されていない玄米のほうが食物繊維がはるかに多く、栄養価も高い。

個人的には、白米より香ばしくてうまいとさえ思う。

そういったことが見直され、ブランや玄米は健康食品として注目されるようになった。

本来、パンも米も白くはなかったが、精製技術の発達とともに“白いものがよい”という価値観も定着。皮に近い部分は排除されてきた。

ところが、「捨てるなんてもったいない!」という新たな価値観が生まれてきたのだ。

味は普通の肉まんと変わりない!?……けど、糖質約50オフで、食物繊維たっぷり!


 少し前置きが長くなってしまったが、「ブランの肉まん」には、ネーミングどおりブランや全粒粉を配合した生地が使われている。そのため、ほんのり茶色がかった色合いで、表面や断面のところどころに粒々が見え、フォトジェニックではない。

カレーまんほどの自己主張はないが、ビジュアル的にも“わたしナチュラル系です!”みたいな雰囲気をかもしだしている。

具は豚肉、筍、玉ねぎなどで、一般的な肉まんと変わり映えしないし、味もいたって普通の肉まんで、寒いときにハフハフしながら食ったら、そりゃうまいでしょ!って感じだ。

肉まんにはパッケージがないので成分表示の画像が撮れないが、ローソン公式サイトによると、糖質15.6グラムと一般的な肉まんの半分くらいで、食物繊維が1日に必要とされる量の1/2くらいの、11.3グラムも含まれている。たんぱく質9.3グラム(多め)、脂質5.6グラム(控えめ)というのも、筋トレに目覚めた自分にも間食として理想的だ。

気になるのは、子どものころに食べた肉まんの3倍くらいの価格だが、大手コンビニがこういった商品に注力してくれるようになったのはありがたいこと。


どうせなら、カレー味やピザ味もお願いします!




ローソン「ブランの肉まん」
税込160円

ブランを含んだ茶色っぽい色合いの生地以外は、ボリュームもシルエットも一般的な肉まんと変わらない。
40代独身オヤジがインスタ映えする食器をもっているはずもなく、超地味なビジュアルになってしまった……。

具の内容も味も、一般的な肉まんと比べて変わらない印象。
生地はもっちりしていて食感がよい! 
最寄りのローソンから持ち帰るまでに表面がベチョっとしてしまったが、店のケースに入っているときは、もっとふっくらしていた。

肉まんにはパッケージはないが、下の紙シートにセールスポイントである「糖質15.6g/1個」の表記と、ブランをイメージさせる麦のイラストがデザインされている。

ローソン「ブランパン(2個入り)」
税込125円


最寄りのローソンでは売り切れていることも多く、少し入手困難になって困っている「ブランパン」。

自分は、ガチ炭水化物を食べる前に、食物繊維サプリとしてこれを食べるようにしている。

売り切れのときは、ケロッグの「オールブラン」というシリアルで代用。





太田日向(おおたひなた)

食生活の8割がコンビニという40代独身オヤジ。標準体重12キロオーバーのメタボ体型から、約1年で14キロのダイエットに成功。太りにくい体にしようと、調子に乗って筋トレも開始。筋トレに効くコンビニ食も探している。

このグルメ記事のライター
太田日向@まとメシ

食生活の8割がコンビニという40代独身オヤジ。標準体重12キロオーバーのメタボ体型から、約1年で14キロのダイエットに成功!

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
6月からグングン気温が上がって、夏だ〜と感じる日が増えてきた!  そろそろコロナウイルスの感染予防に加え、こまめに水分補給をするなど、熱中症の対策も必要になる季節。加えてメタボ対策をするなら、水分補給には“無糖”の飲み物を選んでほしい! 今回は無糖飲料の中でも、健康志向の高まりから近年消費量を伸ばしている無糖炭酸に絞って注目の3品をセレクトした。
1072views 脱メタボ
ダイエット中も意識して摂取したいたんぱく質たっぷりの弁当がセブンイレブンから登場! しかもご飯には雑穀米を使っているので食物繊維もたっぷり! 食事制限で不足しがちなたんぱく質がしっかり摂れ、食物繊維によって糖の吸収を緩やかにしてくれる効果も期待できる、ダイエット中にもおすすめの弁当だ!
5980views 脱メタボ
この連載で何度も紹介してきた高たんぱく商品。 ダイエットや筋トレを頑張る人からのニーズが高まっていることもあり、コンビニで買えるものが続々と登場しているので、今回は高たんぱく商品から乳製品に絞って、3品をセレクトした。
4987views 脱メタボ
食後の糖の吸収を穏やかにしたり、便通を良くしたりとダイエットに良い効果がたくさんあるといわれる食物繊維。 セブンイレブンの「カラダへの想いこの手から」の対象商品には、野菜てんこ盛りで食物繊維たっぷりな商品があるので、今回は2品紹介します!
9977views 脱メタボ
JR東日本の駅を中心に出店し“駅のコンビニ”としておなじみのニューデイズ。 このニューデイズもほかの大手コンビニに負けないほど商品開発に力を入れ、健康志向やダイエットを意識した商品も増えている。そのなかでも私が最近よく買っている、オススメできそうなサンドイッチとおにぎりの2品を紹介します。
5370views 脱メタボ
全日本さば連合会が4月末よりスタートした「サバレシピリレー~サバトンをわたそう!~」。 その後も「サバトン」(バトンです……)は、北は北海道、南は鹿児島、さらになんとオーストラリアまで! サバレシピが続々と投稿されている。その数は、現在150を超えた。 和洋中、エスニックと、「サバラエティー」にあふれる多彩なレシピが大集合!
“食堂”をコンセプトとする新ブランドの看板は、ゲンコツと背脂、 バラ肉でとった豚100%の清湯ラーメン。スープは、超クリアな“あっさり”と背脂たっぷりの“こってり”から選択できるが、お店の推しは断然“こってり”だそう。
いま最も注目されている飲み屋街、西成。 そのなかでも昔から西成通に愛されている角打ちがある。 それが、17年前にオープンした「山口酒店」。 「立ち呑みの部分だけ間借りしてます。お酒は隣の酒屋から選んでもってきてくださいね」 という名物ママが仕切る、居心地の良い店なのだ。
大正14年(1925)創業。代々続くメニューがずらりと並ぶなかでも、このグラタンはいたってシンプル。
長い玉子焼きを、キューブ状にカットして食べやすくした商品。ほんのりささやかな甘みの中に、風味豊かな青海苔が混ぜ込まれ、後味はさっぱり爽やか。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt