MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
「ホントに旨い鯖寿司」特集掲載商品、「炭火焼ごっつり」の「銀鯖の棒寿司一本」(海鮮/北千住)

「ホントに旨い鯖寿司」特集掲載商品、「炭火焼ごっつり」の「銀鯖の棒寿司一本」(海鮮/北千住)

おとなの週末「ホントに旨い鯖寿司」特集掲載商品、「炭火焼ごっつり」の「銀鯖の棒寿司一本」。こんがり炙った香ばしいサバ、バルサミコ酢を隠し味にした酢飯のバランスが絶妙。ハーフ(620円)もある。店内で食事の場合のみ、テイクアウト可。[交]北千住駅西口徒歩3分

炭火焼ごっつり(最寄駅:北千住駅)

 八戸前沖さばをはじめ、青森直送の食材を使った料理を提供。サバの様々な部位を串に刺して1串で1尾分が楽しめる「銀鯖の串焼き」(430円)や、「ふるさと祭り全国ご当地どんぶり選手権」で2位を受賞した「銀鯖漬け丼」(880円)も人気。

銀鯖の棒寿司一本
1180円

こんがり炙った香ばしいサバ、バルサミコ酢を隠し味にした酢飯のバランスが絶妙。ハーフ(620円)もある。店内で食事の場合のみ、テイクアウト可。

炭火焼ごっつり

東京都足立区千住2-31 白石ビル2F ☎03-5244-1696 [営]17時~24時 [休]年中無休 [交]北千住駅西口徒歩3分

電話番号 03-5244-1696
2015年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
今年で創業60年。先代が一代で55年提供してきた味を、今は娘が引き継いで江戸前の味を握る。
三崎で水揚げされた南インドマグロやメバチマグロをはじめ、使用するネタはすべて天然モノ。さらに羽釜で炊いたご飯で切るシャリの旨さも光っている。
小田原漁港はじめ全国から仕入れる本物のネタを握っている。壁の黒板にびっしり書かれているのが、なんと本格的なフレンチやイタリアンのメニュー。
神田の駅前に位置し、店構えはカジュアルだが、寿司は新潟県・佐渡島から毎日直送される鮮魚を江戸前の仕事でしっかり仕上げる本格派。お昼はお得なランチで寿司を、夜はバルということもあって日本海の幸や新潟のお酒も楽しめる。
「海が育てたものが旨いんだからさ」、そう言って天然ものにこだわるご主人の気風のよさが心地いい。プリプリの大きなエビがポンとのり、見るからに新鮮、ピカピカの魚介が並ぶちらしは、いいんかい? ってくらい上等だ。
靴を脱いでコの字型のカウンターでお酒を傾けてリラックス。一人酒でもちょうどええ、気取らないこの雰囲気。好きっきやわ~。 場所は新大阪駅東口から徒歩10分。もしくは東三国駅から徒歩数分と絶好のロケーションにある呑み処「紋」は、つい先日8月27日にオープンしたばかりだ。
席に着くと「お好きな器を選んでください」と声がかかる。棚に並ぶ作家ものなど、雰囲気のある酒器を物色するだけで、飲む前から何だか楽しくなってくる。
グローブ状にカットした豚肉とがっつりニンニク。甘辛ソース味で、付け合わせはキャベツの千切り。
今年で創業60年。先代が一代で55年提供してきた味を、今は娘が引き継いで江戸前の味を握る。
ここでは何をさておいてもまずコレ、見事な焼き色、ボリュミーな姿にそそられる通称“ジャンボ餃子”だ。本店は1949年創業の老舗だが、そこで当時から変わらない手作りで半世紀以上愛されてきた味。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt