MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
厳選国産牛と黒毛和牛の100%のハンバーグ|HAMBURG WORKS(ハンバーグ/東京駅)

厳選国産牛と黒毛和牛の100%のハンバーグ|HAMBURG WORKS(ハンバーグ/東京駅)

厳選国産牛と黒毛和牛のA4・A5のみを使った牛肉100%のハンバーグ。ジューシーなのに脂がくどくないのはモモがメインだから。※ランチタイム有

HAMBURG WORKS(最寄駅:東京駅)

フレッシュな果物などを使った手作りドレッシングを使用し、朝獲れ野菜がたっぷり入った「10品目の野菜サラダ」と日替わりスープも非常に美味。ご飯同様、おかわりできるのがうれしい。※ランチタイム有

ワークスハンバーグ 180g(ライスorパン、サラダ、スープ付き)
1380円

皿は温めて出すなど、基本に忠実なところも美味しさの秘密。玉ねぎは20分ほどオーブンで焼くからしっかり甘い。お店で仕込むフォンドボーを添えて

ワークスハンバーガー
1112円(サラダ、スープ付き)

特製オーロラソースの酸味と厚めにカットし軽く焼いたトマトの甘みが、パティの旨みを引き出す。バンズは外側はカリッと、中はもちもちでフォカッチャのような食感

HAMBURG WORKS

[住所]東京都千代田区丸の内1-9-1 グランルーフフロント B1F [TEL]03-5222-6129 [営]11時〜23時(フード22時LO、ドリンク22時半LO、ランチは15時LO) [休]無休 [席]カウンターあり。計47席/全席禁煙 [交]1階八重洲中央口改札から徒歩4分

電話番号 03-5222-6129
2017年1月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
洋食店としての創業ながら、先代はとんかつ専門店だったという歴史を持つ店の当代が打ち出したのは、驚くほどふわふわのハンバーグ。「子どもの頃、親父が作るハンバーグが好きで、それを再現したかった」と店主は笑う。
[鉄板焼 さとう]のランチには13時を過ぎると訪れる人多し。なぜなら、通常200gのハンバーグが300gに無料で増量できるからだ。[鉄板焼 さとう]の[交通アクセス]は 地下鉄千代田線赤坂駅1番出口から徒歩5分
食材にこだわるご褒美昼メシなら「ラ・ブシュリー・近江」に決まり。何と言っても近江牛専門精肉店の直営だけに、牛肉はすべて一頭買いしている近江牛の処女牛を使う贅沢ぶりだ。
 肩が触れ合うような狭いカウンター席に、煙がモウモウと立ちこめる店内。この店を訪れる理由はただひとつ、絶品のラムを味わい尽くすためだ。
 ここの魅力は岩中豚を100%使用したパテの旨さ。肩ロースやハラミなど挽き方の異なる4種類の部位を巧みに合わせ、力強い味わいを実現している。
全日本さば連合会が4月末よりスタートした「サバレシピリレー~サバトンをわたそう!~」。 その後も「サバトン」(バトンです……)は、北は北海道、南は鹿児島、さらになんとオーストラリアまで! サバレシピが続々と投稿されている。その数は、現在150を超えた。 和洋中、エスニックと、「サバラエティー」にあふれる多彩なレシピが大集合!
“食堂”をコンセプトとする新ブランドの看板は、ゲンコツと背脂、 バラ肉でとった豚100%の清湯ラーメン。スープは、超クリアな“あっさり”と背脂たっぷりの“こってり”から選択できるが、お店の推しは断然“こってり”だそう。
いま最も注目されている飲み屋街、西成。 そのなかでも昔から西成通に愛されている角打ちがある。 それが、17年前にオープンした「山口酒店」。 「立ち呑みの部分だけ間借りしてます。お酒は隣の酒屋から選んでもってきてくださいね」 という名物ママが仕切る、居心地の良い店なのだ。
大正14年(1925)創業。代々続くメニューがずらりと並ぶなかでも、このグラタンはいたってシンプル。
長い玉子焼きを、キューブ状にカットして食べやすくした商品。ほんのりささやかな甘みの中に、風味豊かな青海苔が混ぜ込まれ、後味はさっぱり爽やか。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt