SNSで最新情報をチェック

前々から気になってはいたが、行くタイミングと勇気のなかったのがこの店。さすが大型キャバレーというだけあって、「ホォ~!」と感嘆の声が思わずあがる、レトロかつデラックスなインテリアというか店内装飾。まるで若き日の小林旭がギター爪弾きつつ現れそうな雰囲気だ。

画像ギャラリー

【閉店】キャバレー 白いばら(最寄駅:銀座駅)

前々から気になってはいたが、行くタイミングと勇気のなかったのがこの店。さすが大型キャバレーというだけあって、「ホォ~!」と感嘆の声が思わずあがる、レトロかつデラックスなインテリアというか店内装飾。まるで若き日の小林旭がギター爪弾きつつ現れそうな雰囲気だ。“郷里の娘を呼んで…”という有名な看板通り、出身県でも女性を指名できるシステム。同郷出身のフロアレディーと、銀座では破格のコストパフォーマンスでグラスを重ねれば、東京在住の人間ならば故郷を想い、地方から東京観光のおりに来店した男性ならば、銀座にいながら我が家的なくつろぎを得られる。さらにこれぞグランドキャバレーな生バンドにキュートなショーまであり、ここは健全プラトニック型夜の花園なのであった!!

気になる代金は、《ワンドリンク+おつまみ》平日18時~23時半の間で21時までに、また日・祝17時半~22時半で20時半までに帰る場合は、最長3時間で8400円。営業時間内2時間で11000円 《飲み放題+おつまみ》1時間8700円。女性の本指名料は別に3000円。表の看板には出身地別に女性の名前がズラリ

キャバレー 白いばら

3丁目にある老舗洋食店『R』から歩いて1分程度。夜になるとひと際明るく輝いているので、すぐにわかるはず

 

2016年5月号発売時点の情報です。

 

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...