SNSで最新情報をチェック

香川県で修業した店主の米山さんが、2015年5月に「本場讃岐うどん 麺の里」を開店。こちらで出されるのはとにかくダシの旨みが印象的なうどんだ。客の大半は冷たいぶっかけうどんを注文。コクと甘みのあるつゆの風味がクセになると、季節問わず数多く注文される逸品だ[交]西武新宿線上石神井駅南口から徒歩5分 ※ランチタイム有

画像ギャラリー

本場讃岐うどん 麺の里(最寄駅:上石神井駅)

北海道産の真昆布や瀬戸内産のイリコ、鰹節を筆頭に4種の節類を使う。澄んだ味に仕上がるように、水出しにするなど丁寧にダシが取られており、これで化学調味料不使用とは恐れ入る。麺は、北海道産と九州産の小麦粉を使い、配合を時季によって調整。コシと粘り気があり、歯を押し返してくるようなもっちりとした歯応えに仕上げている。 麺の量は約300g。どのメニューも麺の増減に対応してくれるが、常連客はほとんど大盛りをたいらげていくという。

大海老野菜天ぶっかけ

1134円

キス天うどん

918円

「本場讃岐うどん 麺の里」特集記事

唸るうどん前編!白く透き通るようなうどんのコシやモッチリした食感にオッと唸り、黄金色に輝く風味豊かなダシにホッとする。そんな極上の一杯を求め、都内を駆け巡りました。エリア:上石神井/新宿/水天宮前/中野 ※ランチタイム有

本場讃岐うどん 麺の里

電話番号 03-5903-8703

2016年6月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

あの人も大好きな うつくしき蕎麦 輪郭は淡く朧げ。しかし、どこか心の原風景を刺激する郷愁感溢れる香り...