SNSで最新情報をチェック

酒ト壽|神楽坂を挟んで毘沙門天善国寺の対面あたりの細い路地(隙間?)を入ると、築70年ほどの古民家を改装した味のある構えが見えてくる。コンセプトは明確。“酒と魚”。毎日築地や大分など産地直送で届くその日の魚介を、率直に勢いのあるままに出す。[交]地下鉄東西線ほか飯田橋駅B3出口、神楽坂駅1番出口から徒歩5分

画像ギャラリー

酒ト壽|サケトコトブキ(最寄駅:神楽坂駅)

スタッフは皆若く、活気ありだ。素材に対する自信もあろうが、どの料理も出し惜しみなく豪快。刺し、肴、煮、焼、揚、〆と幅広い品書きも酒飲みには実にうれしい。そうそう、酒も味わいの柔らかなマルエフ生(ビール)や全国津々浦々の純米酒が心憎い塩梅で揃っている。人気の日替わりの活き造りは数量限定早い者勝ちなので、気になる向きは早い時間に。

オコゼの活き造り

1980円

貝の浜盛焼

850円

毛ガニのコールスロー

850円

[その他のメニュー]
刺身盛り合わせ三点盛り1180円、〆鯖550円、稚鮎南蛮漬480円、煮穴子880円、金目かぶと焼、しらうお唐揚680円、トロたく680円など

酒ト壽

電話番号 03-3267-3355

 

2016年7月号発売時点の情報です。

 

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...