MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
名古屋エリア限定グルメ情報(16) 1日限定10杯!? アラフィフにおすすめ! 大注目の屋台ラーメン

名古屋エリア限定グルメ情報(16) 1日限定10杯!? アラフィフにおすすめ! 大注目の屋台ラーメン

30代のころは、深夜にこってりとした豚骨ラーメンを食べても平気だった。しかし、アラフィフとなった今、深夜はおろか、昼間でもまったく食べられなくなった。だから、ラーメンはもっぱら昔ながらの中華そばを好んで食べている。しかし、今どきのラーメンはこってり系が主流。澄んだスープのあっさり系はかなり少数派なのだ……。

perm_media 《画像ギャラリー》名古屋エリア限定グルメ情報(16) 1日限定10杯!? アラフィフにおすすめ! 大注目の屋台ラーメンの画像をチェック! navigate_next

1日限定10杯!? アラフィフにおすすめ! 大注目の屋台ラーメン

30代のころは、深夜にこってりとした豚骨ラーメンを食べても平気だった。

しかし、アラフィフとなった今、深夜はおろか、昼間でもまったく食べられなくなった。

ラーメンに限らず、脂っこいものはお腹がもたれてしまうのだ。


だから、ラーメンはもっぱら昔ながらの中華そばを好んで食べている。

しかし、今どきのラーメンはこってり系が主流。澄んだスープのあっさり系はかなり少数派なのだ。

日々、美味しい中華そばを探しまわるなかで見つけたのが、地下鉄新瑞橋駅近くにある『屋台ラーメン おすぎ』。

毎週火~金曜日の夜11時半から店を開いている。

まず、シンプルな「ラーメン」(780円)をご覧いただこう。


染みきったスープにやや縮れのある麺。

具材はチャーシューとメンマ、ネギ、糸唐辛子。もう、見るからにアラフィフ好みのど真ん中。

続いて、名古屋のご当地ラーメン「台湾ラーメン」(980円)。

巷の台湾ラーメンは、辛さが暴力的だが、これは辛さよりもスープに溶け込んだ台湾ミンチの旨みやニンニク、ニラのパンチを感じる。

すごく味にまとまりがあるのだ。

メニューは上記の2種類と「ラーメン」のチャーシューを増量した「チャーシューメン」(980円)の3種類のみ。

しかも、それらを合わせて1日10杯限定だという。


仮に980円の「台湾ラーメン」と「チャーシューメン」が10杯売れたとしても、1日9800円の売り上げにしかならないではないか……。

「実は私、本業は料理研究家で、この屋台の目の前にある料理教室を経営しています。

家庭料理を中心に教えているのですが、老若男女問わず支持される味を研究する中で行き着いたのがラーメンだったんです。

毎日食べても飽きない味をめざしています」と、店主の杉浦友祐さん。



杉浦さんこだわりのスープは、チャーシューを仕込む際に使うタレに和風ダシを合わせ、かくし味に自家製のニンニク醤油をくわえている。

最後の一滴まで飲み干せるやさしい味わいだ。

夜中に食べてもお腹はまったくもたれることがなかった。


何度も書くが、1日10杯限定である。


売り切れる前に行くべし!


■『屋台ラーメン おすぎ』
[住所]愛知県名古屋市南区駈上1-11-29
[TEL]052-693-5758
[営業時間]23時半~売り切れ次第閉店
[定休日]月曜日、土曜日、日曜日





永谷正樹(ながや・まさき)
1969年生まれのアラフィフライター兼カメラマン。名古屋めしをこよなく愛し、『おとなの週末』をはじめとする全国誌に発信。名古屋めしの専門家としてテレビ出演や講演会もこなす。

このグルメ記事のライター
永谷正樹@おとなの週末

名古屋メシの専門家として、実際に食べてみて本当に美味しかったものや、名古屋のグルメ事情について、好き勝手に書き綴る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
50歳を過ぎると、コッテリ系のラーメンを受け付けなくなる。町中華で食べるような、アッサリ系のラーメンを探すも、なかなか美味しい店に巡り合うことがない。 そんななか、愛知県三河地方に出張へ行ったある日、見つけてしまったのである。50歳過ぎのおっさんが心の底から求めていた、究極のアッサリ系ラーメンを……!
新型コロナウィルスの影響で、コロナ禍でオープンした店は、コンセプトにまずテイクアウトありきでメニューの構成を考えている。2020年11月、名鉄瀬戸線清水駅前にオープンしたばかりの『すし 葵』もその一つ。 イートインでも、テイクアウトでも、日常使いにぴったりのリーズナブルな寿司店として、この店を紹介しよう。
友達や仲間、恋人とお酒を楽しむのもイイが、がんばって仕事をした後や、なにか考え事をしたいときに、フラッと1人でバーへ立ち寄りたい。 バー応援企画、最終回となる今回は1人飲みにぴったりのバーを紹介しよう。
お酒を飲んでいると、口休めに甘いものを食べて口の中をリセットしたくなることはないだろうか?パフェやアイスクリームのような重たいものではなく、フルーツなどあっさりしたものを欲してしまう。バー応援企画の第2回目は、そんなときにオススメの店を紹介しよう。
新型コロナの新規感染者が減少し、ひと頃と比べると、名古屋の街にも活気が戻ってきたように見える。しかし、まだまだ客足が遠のいたままの業種がある。それがバーだ。そこで今回は、名古屋市内のバーの応援企画として、私、永谷正樹がオススメするバーを全3回にわたって紹介しよう。
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。様々なYouTuberがいますが、今回紹介する方はおっさんサラリーマン! その名も大西 祐次郎。ダジャレを炸裂しつつも、実は料理を美味しそ〜うに撮る実力者なのです。
大坂の陣における真田丸は最強の砦だったが、こちらの看板地鶏「真田丸」は言わば最高の食材。「力強い歯応えと脂のコクが串焼きに最適」と社長が惚れ込み、生産者から直で仕入れている。
お小遣いの少ない飲み助にとって、家呑み用ツマミとして自由に買えるナンバー1は駄菓子なのではないか! とはいえ、そのまま食べるのも大人としていかがなものか!! ライター・カーツさとうが駄菓子を使った一品料理を考案。レシピ、動画付きでお届けします。
南インド料理の人気店『ダクシン』のビリヤニはチェティナード風。チェティナードとは南インドの地方名で、リゾート地として知られる。
「酒」の提灯、その奥に垣間見える楽し気なカウンターに、まずノックアウトだ。しかし、ここ『洒落者』の本領は、そのカウンター奥から次々と繰り出される、「ほんとにこの値段?」と思わせる素晴らしいつまみの数々だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル