SNSで最新情報をチェック

暖簾をくぐれば、ほどよい緊張感と清潔感の「日なた」。堅苦しくはないが、和食ならではのそんな佇まいがいい。都内の割烹や居酒屋で修業をしたご主人・大関健司さん。

画像ギャラリー

日なた(最寄駅:三鷹駅)

「いい素材をいじくりまわさず、素直な調理法で提供したい」という料理は、きちんと仕事がされた正統派。料理を出すタイミングまで心配りされている。アラカルトもいいが、そんな料理がコース3500円で味わえるのは少々驚き。先付けと三種のお造りに始まり、季節の果物と野菜のサラダ、揚げ物や上等な牛しゃぶ肉を使ったお椀。南部鉄鍋の炊きたてご飯まで。再訪したくなるのは間違いない。

コース

3500円※要予約・内容は日により異なる

【先付け】そうめん南京赤芋茎とモロヘイヤのお浸し

【お造り】〆鯖、紅葉鯛昆布〆鮪赤身と中トロ

【椀物】牛しゃぶと青紫蘇の玉子あんかけ

[酒] ビール生650円〜 焼酎グラス580円、割り物480円 ワイングラス(泡)690円、ボトル(泡・白)2650円〜 日本酒グラス580円〜、燗酒(一合)830円 [その他のメニュー]お造り2種盛り1200円、水茄子揚げ出汁850円、煮穴子と胡瓜1380円、銀鱈西京焼き890円、山形牛(A5)イチボ肉焼き(約140g)1750円、鰻ご飯(漬物、味噌汁付)1550円、5000円のコースもあり

日なた

[住所]東京都武蔵野市中町1-25-10 岡本ビル1F [TEL]0422-52-6733 [営業時間]17時半〜24時(23時半LO) [休日]水 [席]カウンター10席、テーブル4席 計14席/分煙(テーブル席のみ喫煙可)/予約可/カード可/サなし、お通し380円 [交通アクセス]JR中央線三鷹駅北口から徒歩3分

電話番号 0422-52-6733

2016年10月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...