SNSで最新情報をチェック

 豊富な海鮮料理と珠玉の握りをつまみに夜な夜な杯を傾ける客で賑わう店。食材は店主の小島さんが「人任せにせず自分の目で見て納得のいくものを」と築地で吟味。

画像ギャラリー

すしBar 小路小路(最寄駅:森下駅)

天然ものか養殖かなどの線引きで選ばす、その日のいいものを見定めている。 握りは気軽に1貫からでも、おまかせでも。小肌など個性あるネタには赤酢のシャリ、淡泊な白身には米酢と巧みに使い分ける気配りだ。カニの甲羅にシャリを詰め込んだ創作料理など目と舌で楽しませる季節の逸品も人気で、ひと皿の量も多め。店主の人柄のように実直な旨さが客の心をとらえて離さない。

おまかせ握り

3780円

仕入れによって内容は変わる。
小肌、牡蠣の昆布〆、真鯛、スミイカ、ウニ、車エビ、トロ、平目、サバ棒寿司、玉子2種、かんぴょう巻き。
この日のおすすめは本マグロのトロや天然車エビ、弾ける旨みの牡蠣の昆布〆など。玉子は酒のつまみにもなる山椒入りと旨みのある甘ダイのすり身入りの2種

酢〆の穴子

486円

酒のアテ5点盛り

2106円

せこがにのシャリ詰め焼き

2138円

すしBar 小路小路 

電話番号 03-5600-6815

2016年12月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

少しだけ落ち着きを取り戻してきた今日この頃。ちょっと陽気に外食を楽しみたい!というわけで、トレビアー...