SNSで最新情報をチェック

 名物の粟ぜんざいが、いつからあるのかは、「史料が震災や戦争で焼けてしまったのでわからない」(営業主任の板谷厚昭さん)が、「先代が試行錯誤しながら作り上げた」というから、“元祖”であるのは確かだろう。 ※ランチタイム有

画像ギャラリー

浅草梅園 本店(最寄駅:浅草駅)

そして他の汁粉類も含め、餡がかなり甘い。それは、「せっかく甘いものを食べに来たのだから」という昔からの気配り。汁粉類にそえられるお薬味のしょっぱいシソの実漬けは、その甘さゆえの名脇役だ。※ランチタイム有

あわぜんざい

777円

蒸したもち黍になめらかなこし餡。美しく盛り付けるには、かなりの修練が必要だとか

田舎しるこ

691円

浅草梅園 本店

電話番号 03-3481-7580

2017年1月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...