SNSで最新情報をチェック

グルメライターが食べ歩いて見つけた、あきる野市のいま食べておきたい唸るラーメンは「五ノ神精肉店(ゴノカミセイニクテン)」。エビや銀ダラ、サケやウニといった個性的な食材を使い、業界に新風を吹き込んできた鮮魚系ラーメンのスペシャリスト『五ノ神』ブランドに待望の新店が登場!

画像ギャラリー

五ノ神精肉店(最寄駅:拝島駅)

まるで、肉をそのまま “飲んで”いるような肉感満載のスープ
 今回のテーマはなんと“肉”。得意とする素材感たっぷりの濃厚スープは健在で、まるで“肉を飲んでいる”かのような肉感満載の1杯が楽しめる。
 看板の「豚骨らーめん」はゲンコツをメインに豚頭、豚足を加えて炊き上げた力強いスープが特徴。肉が多めに付いたゲンコツを大量に使い、肉の味わいをスープに閉じ込めた。また、骨類は細かくカットしたものを使うことで、炊く時間を大幅に短縮。短時間で旨みを抽出するので、フレッシュな肉の味わいや香りが生きている。粗漉しした肉感満点のスープは、無化調とは思えないほどの飲み応え!

豚骨らーめん

750円

チャーシューはローストした分厚い肩ロース肉。自家製マー油がかかる

五ノ神精肉店(ゴノカミセイニクテン)

[住所]東京都あきる野市3-9-13 ☎042-533-3715 [営業時間]11時~15時、17時~21時(土・日・祝11時~21時)※ランチタイム有 [休日]無休[交通アクセス]JRほか拝島駅から西東京バス約7分「玉見ヶ崎」下車徒歩1分

電話番号 042-533-3715

2017年1月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

歴史と美味に触れる、小さな旅 ふらり、大江戸散歩 最先端技術の鎧をまとった都市・東京。しかし、ぶらり...