SNSで最新情報をチェック

 普通の主婦が一念発起。蕎麦店で働きながら資金を集め、名人の師匠のもとで勉強して独立を果たしたのは今から10年前のことだ。「女性らしい優しい蕎麦とよく言われます。蕎麦は打つ人で味が変わるもの。男性とはまた違う力加減やのし方で作る味を優しいと表現されるのはうれしい」と話す店主の御供さん。

画像ギャラリー

生粉打ち 花乃蕎麦(最寄駅:人形町駅)

十割にこだわり、アルカリイオン水で打つ蕎麦はしなやかなコシと清々しい香りだ。 おすすめは鶏肉と野菜を甘辛く煮て卵でとじたつけ汁で味わう「親子とじせいろ」。その旨さもさることながら、「生粉打ち(十割)にこだわり続けたい。だからめげないよう店名にして気合いを入れてるんです」とはにかむ彼女の懸命な姿勢も、この店が愛される所以だろう。

親子とじせいろ(二段盛り)

1080円

ツルリとしたのど越しのせいろは二段盛りで量もたっぷり。コシとのど越しをよくするため、水回しやのしの工程を大事にしている。鶏モモ肉とネギやニンジンなどの野菜を卵でとじた温かい汁につけていただく。少し濃い目の汁が力強い香りの蕎麦に合う

伴助の鯖(半身)

980円(半身は基本的に1~2名の 注文のみ、1尾は1950円)

千住ねぎ天そば

1080円

花特製出し巻き卵

830円

生粉打ち 花乃蕎麦

[住所]東京都中央区日本橋堀留町1-6-5 ETビル1階
[TEL]03-5641-6938 [営業時間]11時~14時(13時半LO)、17時半~21時(20時半LO)、土11時~14時(13時半LO)、17時半~20時半(20時LO)※ランチタイム有
[休日]日・祝
[座席]テーブル16席、小上がり座敷4名、計20席/全席禁煙/予約可/カード不可/サなし
[アクセス]地下鉄日比谷線ほか人形町駅A5出口から徒歩4分

電話番号 03-5641-6938

2017年1月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...