SNSで最新情報をチェック

季節の訪れとともに、待ってました! と言いたくなる鴨南蛮である。本枯れの厚削り、鰹節のみでダシを取るというつゆは深く澄んでけれんみがない。

画像ギャラリー

そば 三休(旧店名:蕎麦 きびや)(最寄駅:三鷹駅)

そこに鴨の脂とコクが入り込む。ほんのり柚子の香りを感じながらまずはズズッとひと口。そしてお次に、鴨の旨さ。「味が変わるのが早い」ゆえ気を遣うという鴨は、皮目から塊のまま焼いて、その都度カットする。鴨肉自体を味わってほしいということで、ミディアムレアな火入れ加減がなんとも。柔らかくもほどよい弾力の噛み応え。噛むほどに野趣と旨み、甘さすら感じる。二八の常陸秋蕎麦は味がしっかりして、噛めば口中に香りと穀物感が返ってくる。抜群のコンビネーション。冬の贅沢やねえ。

鴨南そば

1450円

ひと目で惚れ惚れするパンチのあるルックス。鴨肉を噛み締め、二八の蕎麦をすする。焼き目のついたネギのトロッとした甘さももちろん◎だ

玉子とじそば

830円

そば 三休(旧店名:蕎麦 きびや)

[住所]東京都三鷹市下連雀4-16-48
[TEL]0422-42-3520
[営業時間]17時半~21時、土・日・祝11時~14時半、17時~21時※ランチタイム有
[休日]月・火・水(祝は営業)
[席]カウンター5席、テーブル16席 計21席/全席禁煙
[その他]カード不可/予約可/サなし
[交通アクセス]JR中央線三鷹駅南口から徒歩7分

電話番号 0422-42-3520

2017年1月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...