SNSで最新情報をチェック

 関西では未だ少ない“焼きとん”を味わって欲しいと2016年12月23日にオープン。内臓専門をうたい、「ふわ」(肺)や「れば」各97円をはじめ、約30種類の焼きとんを1本100円台の価格帯で用意する。

画像ギャラリー

もつ焼 えるびす(最寄駅:天満駅)

鮮度が重要な内臓と良コスパのハードルをクリアする秘訣は豚の一頭買い。毎朝届く豚を店で細かく調理することで、臭みは一切なし。噛むほどに溢れるホルモンの甘みに、その新鮮さを実感できる。また味付けは塩、醤油ダレ、味噌ダレの3種類を使い分け。甘みを控え後口さっぱりの醤油ダレや、味噌と醤油を1対1でブレンドする味噌ダレなど、関東らしい味付けは、関西のお客さんからの評判も上々だそう。

盛り合わせ

658円

もつ煮込み

421円

ふぉあぐられば

464円

もつ焼 えるびす

電話番号 06-6809-6396

2017年6月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

歴史と美味に触れる、小さな旅 ふらり、大江戸散歩 最先端技術の鎧をまとった都市・東京。しかし、ぶらり...