SNSで最新情報をチェック

グルメライターが食べ歩いて見つけた、関内のいま食べておきたい唸るラーメン、超・超ロング!二度見必至の驚愕ワンタン麺。信州を拠点に、春日の『魚雷』や『烈士洵名』など全国に展開を進める『ボンド オブ ハーツ』グループが新ブランドをプロデュース。“具と皮の両方が楽しめるワンタン” の専門店をオープンさせた。

画像ギャラリー

【閉店】元祖横浜雲呑本舗 港軒(最寄駅:関内駅)

持ち上げてびっくり!長さ25㎝以上もある超ロングワンタン
主役のワンタンは、ショウガを利かせた肉ワンタンと、ニンニクが香るエビワンタンの2種類。つるんとなめらかな皮は25.5㎝もの長さがあり、その美味しさを堪能できる。スープは、青森県産の赤鶏をベースに炊いた鶏清湯。雑味のないクリアな鶏の旨みを、キリッと醤油感のあるタレが引き立てている。信州産の小麦粉で作るもっちりツルッツルの太ストレート麺は、聞いてびっくり! なんと“博多豚骨と同じ加水率25%の低加水麺”とか。中華麺の新たな可能性を感じさせる、そんな一杯の登場だ。

特製雲呑そば

1170円

お店からの一言

「当店自慢の長~いワンタンぜひご賞味あれ!!」

元祖横浜雲呑本舗 港軒

[住所]神奈川県横浜市中区住吉町3-28 [TEL]045-681-7072 [営業時間]11時~24時(23時半LO)※ランチタイム有 [休日]日 [交通アクセス]JR根岸線関内駅北口から徒歩5分

電話番号 045-681-7072

2017年12月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

あの人も大好きな うつくしき蕎麦 輪郭は淡く朧げ。しかし、どこか心の原風景を刺激する郷愁感溢れる香り...