SNSで最新情報をチェック

肩肘張らず気軽にご当地の美味を楽しみたいなら、麺はいかが?日本橋で見つけたうどん、蕎麦、ちゃんぽんというご当地麺が食べられる三ツ星店を紹介します!

画像ギャラリー

讃岐うどん ほし野【香川県ご当地麺】

コシに終始しない手打ちの麺の食感をさまざまに楽しみたい!

かまたま バター明太 680円
バターを溶かし、明太を混ぜて、といろいろ食べ進める楽しみも

『讃岐うどん ほし野』は、“伸びのあるコシ”と店自体が謳っている通り、手打ちの麺の食感がなかなか秀逸。力強い弾力に終始することなく、適度にモチッとした感じは喉越しもいい。
清潔感ある店内の佇まいも気持ちよし。実食した「かまたまバター明太」はそんな麺の旨さを実感しながら味の変化も楽しめる。締めにはスープを入れて卵スープに。各種試したい!

肉ぶっかけ(冷) 630円
人気メニューのひとつ「肉ぶっかけ」は、半分食べたら辣油で味変えがおすすめ

東京都中央区日本橋室町1-11-2 松楽ビル1階 [TEL]03-6262-2727 [営業時間]11時~22時(21時半LO)、土・日・祝~21時(20時半LO)※ランチタイム有  [休日]無休 [交通アクセス]地下鉄銀座線ほか三越前駅A2出口から徒歩3分

御清水庵 清恵【福井県ご当地麺】

気軽に味わいたい福井名物の蕎麦と鮮魚

おろしそば 850円
青首大根の辛味が蕎麦の香りを引き立てる。昼はご飯ものとのセットも可(+150円)

『御清水庵 清恵』は、ご主人の出身地である福井の美味を知ってもらおうと15年前に「御清水庵 清恵」を日本橋に開店。以来、昼は外二で打つ蕎麦に青首大根の搾り汁とかえしで作るツユをかけた名物のおろしそばなどが楽しめる蕎麦店として。
夜は蕎麦に加え、福井から届く旬の魚介を中心とした肴で一杯もやれる蕎麦居酒屋として人気を博している。日曜日に営業しているのもうれしい。

だしまき玉子 800円
夜の肴で、上品なほの甘さの「だしまき玉子」

東京都中央区日本橋室町1-8-2 日本橋末廣ビル1階 [TEL]03-3231-1588 [営業時間]11時~14時半、17時~22時(平日のみ、21時LO)※ランチタイム有  [休日]土・祝 [交通アクセス]地下鉄東西線ほか日本橋駅B6出口から徒歩1分

二代目 長崎楼【長崎県ご当地麺】

野菜たっぷり16種類の具材から旨みのよく出たスープがイケる

ちゃんぽん(竹) 900円
スープはトンコツ系ではなくて清澄スープ。少々塩気の効いた味が後を引く

『二代目 長崎楼』は店名通り、ご両親の代からの味を守る長崎ちゃんぽんのお店。メニューは潔く「チャンポン」「皿うどん」「炒麺」の3種類で、量によって松竹梅となる。
ちゃんぽんは、やや太めで柔らかめの独特な麺に、ちゃんぽんらしい魚介系の旨みが効いたスープが絡む。野菜たっぷり、アサリやイカ、さつま揚げも入ってちょっとクセになる味かも!

皿うどん(竹) 1000円
ちゃんぽんの太麺を使ってほどよくこんがり。餡がよく絡む

東京都中央区日本橋室町1-11-15 [TEL]03-3241-7010 [営業時間]11時~14時※麺がなくなり次第終了、夜は予約のみ ※ランチタイム有  [休日]日・祝 [交通アクセス]地下鉄銀座線ほか三越前駅A2出口から徒歩3分

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

関連キーワード

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

湯気の向こうに笑顔が浮かぶ ブーム到来!焼売 今号の大特集は「焼売」でございます。餃子じゃなくて!?...