MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
日本橋の「二代目 長崎楼」は両親の代からの味を守る「長崎ちゃんぽん」のお店

日本橋の「二代目 長崎楼」は両親の代からの味を守る「長崎ちゃんぽん」のお店

店名通り、ご両親の代からの味を守る長崎ちゃんぽんのお店。メニューは潔く「チャンポン」「皿うどん」「炒麺」の3種類で、量によって松竹梅となる。

perm_media 《画像ギャラリー》日本橋の「二代目 長崎楼」は両親の代からの味を守る「長崎ちゃんぽん」のお店の画像をチェック! navigate_next

二代目 長崎楼(最寄駅:三越前駅)

野菜たっぷり「ちゃんぽん」16種類の具材から旨みのよく出たスープがイケる

ちゃんぽんは、やや太めで柔らかめの独特な麺に、ちゃんぽんらしい魚介系の旨みが効いたスープが絡む。野菜たっぷり、アサリやイカ、さつま揚げも入ってちょっとクセになる味かも!

ちゃんぽん(竹)
900円

スープはトンコツ系ではなくて清澄スープ。少々塩気の効いた味が後を引く

皿うどん(竹)
1000円

ちゃんぽんの太麺を使ってほどよくこんがり。餡がよく絡む

二代目 長崎楼

東京都中央区日本橋室町1-11-15 [TEL]03-3241-7010 [営業時間]11時~14時※麺がなくなり次第終了、夜は予約のみ ※ランチタイム有  [休日]日・祝 [交通アクセス]地下鉄銀座線ほか三越前駅A2出口から徒歩3分

電話番号 03-3241-7010
2017年9号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
関連記事
海外はもちろん、国内への旅もなかなか難しい昨今。旅へ行きたい! という気分を満たすべく、都内で楽しめる全国の郷土料理店をご紹介! ここでは、北海道、広島、沖縄の店が登場。郷土の味と酒を楽しみながら、少しでも旅気分を味わってみては?
生産者から直送の新鮮な馬刺しに、オーダーが入ってから衣を付けて揚げた熱々の辛子蓮根、歯触りしゃっきりの一文字ぐるぐるなど、熊本が誇る旨いものが一挙に集結。そんな心魅かれる郷土料理に加えて、カウンター内にある焼き場で煙を上げるのが、日本最大級の地鶏「天草大王」の串だ。
炭火で丁寧に焼かれた名物の「銀鯖串焼き」をひと口含めば、パリッと焼かれた皮の食感の後にジュワリと脂が溢れ出す。そのあと繊細な旨みが押し寄せるが、脂はむしろサラリとしていることに驚く。
店を切り盛りするのは那覇出身の女将さん。ホワイトボードに書かれたメニューもあるけれど、旬の食材を使ったその日の「おまかせ」ですべてを委ねるのが吉。
鎌倉・大町にある山形郷土料理『ふくや』の2号店。蔵を改装したホステルの1階という、異色の立地が面白い。
最新記事
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。第1回は、国民的バンドとなったサザンオールスターズの桑田佳祐です。
活躍中のカメラマン・鵜澤昭彦氏による、美味なるマグロ探訪記。第3回は新宿山吹町にある、小料理屋『ぐり』の「天然生マグロづけ丼」。極上の「マグロ丼」は人と人との不思議な巡り会いで誕生した。
並のロースは税込800円。しかも羽釜で炊いたご飯と丼にたっぷりの豚汁付きでってところもうれしくなる。
小説『バスを待つ男』や、講談社の「好きな物語と出会えるサイト『tree』」で連載中のエッセイ『日和バス 徘徊作家のぶらぶらバス旅』など、作家生活25周年を迎えた西村健さんは、路線バスをテーマにした作品の書き手としても知られています。「おとなの週末Web」では、東京都内の路線バスを途中下車してふらり歩いた街の様子と、そこで出会った名店のグルメを紹介します。
「江戸っ子は屋台で寿司をつまんだ後、帰り際に暖簾で手を拭いて店を後にしたそうです。なので暖簾の汚れっぷりが、旨い店の判断基準だったとか」。と、話してくれたのは『挙母鮨』の星野店長。
get_app
ダウンロードする
キャンセル