SNSで最新情報をチェック

画像ギャラリー

ホームでかき込む一杯に、飲んだ後の一杯。旅先で食べる麺は、なぜ強く印象に残るのか。あのほっこり、しみじみとする味わい。筆者の場合、その記憶はいつも鉄道の旅とある。あのホッとする味と、人々の笑顔に出会いに。今回はローカルな鉄道を乗り継いで、西九州をゆるり、ゆらゆらと旅してみた。最後は熊本県へ向かいます。

火の国の美味が詰まった麺とカクテル

鳥栖を出た鹿児島本線の普通列車は、熊本を目指して夏の筑紫平野を縦断する。途中まで九州新幹線の高架と並走するが、独走を始めると、グッと視界が開ける。

どこまでも続く田園風景。県境を越える頃には有明海が目に飛び込み、夕陽の時間はとくに美しく映る。実はこの区間が私の一番のお気に入り。乗り鉄でなくとも、ぜひ一度は普通列車に乗って、じっくり眺めてほしいと思うパノラマだ。

人口70万を誇る都市、熊本に着く。この地で麺といえば、圧倒的にラーメン。だが目指すは、熊本の繁華街の北端にある『醤(ひしお)』のちゃんぽんで、これも私に九州の麺の奥深さを教えてくれた一杯だ。

”ちゃんぽん”の言葉が、「さまざまなものを混ぜる」の意であるとは知っていた。しかし『醤』の「天草大王醤油ちゃんぽん」のボリュームを見て、その概念が吹き飛んだ。

いくらなんでもこれは混ぜすぎ、いや載せすぎではないだろうか。熊本の地鶏・天草大王の炭火焼きやその他の具材に隠れ、なかなか麺に到達できない。「白飯のおかずになる麺を作りたいから、ついつい具が多くなってしまいます」とは、店長の田中さんの弁。

そう言われると、あごやいりこのだしが香る醤油ベースのスープも、ご飯が進む味わいだ。そしてスープを中太のストレート麺に絡めると、このおいしさ、口福以外の何物でもない。

今回、店を営む田中さん夫婦(素敵、おしどり夫婦!)と初めて話す。ご子息が東京でフォトグラファーの修業中だそうで、「いつか仕事でご一緒できるかも〜」なんて盛り上がって店を出る。

そしてこの旅の最後の夜は、バーで締め括り。東京で活躍する熊本出身の料理人さんから勧められた、『夜香木(やこうぼく)』の扉を開けてみる。

『熊本醤油ちゃんぽん 醤(ひしお)』 @藤崎宮前

田中成佳さんのちゃんぽんのお手本は、昔勤めていた今はなき食堂だそう。「やっぱり自分も、ご飯に合う醤油スープが好きなんですよね」。

天草大王醤油ちゃんぽん 1650円

「天草大王醤油ちゃんぽん」1650円。スープからは、昆布やしいたけの旨みもにじむ

天然水が沸く・熊本県旭志の農家から取り寄せるお米も美味しい。

『熊本醤油ちゃんぽん 醤(ひしお)』

[住所]熊本県熊本市中央区坪井2-1-5 Nビル1階
[電話]096-346-5235
[営業時間]11時半~19時半LO
[休日]日
[交通]熊本電気鉄道藤崎線藤崎宮前駅出口から徒歩3分

次のページ
『夜香木』 @上乃裏通り...
1 2

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

旨さ鮮烈。しみわたる一杯 至極のラーメン 着丼とともに鼻孔をくすぐるスープの香り、ひと口飲めば身体の...