×

気になるキーワードを入力してください

SNSで最新情報をチェック

icon-gallery

ホームでかき込む一杯に、飲んだ後の一杯。旅先で食べる麺は、なぜ強く印象に残るのか。あのほっこり、しみじみとする味わい。筆者の場合、その記憶はいつも鉄道の旅とある。あのホッとする味と、人々の笑顔に出会いに。今回はローカルな鉄道を乗り継いで、西九州をゆるり、ゆらゆらと旅してみた。3日目は長崎駅から鳥栖にむけてスタートです。

今はなき特急に思いを馳せて、”鉄分”補給完了

昨日の酒を引きずりながら、長崎駅へ。長崎本線と鹿児島本線の乗換駅・鳥栖まで特急に乗車するのは、今年9月の西九州新幹線開通で、この特急「かもめ」の名前がなくなるからだ。喪失感を抱えつつ、車窓の有明海を眺める。

県境を越え、鳥栖に着いたのは正午ごろ。改札は出ず、5・6番線ホームの立ち食いうどん『中央軒』へ向かう。お目当ては「かしわうどん」。ここはつゆが薄味のぶん、鶏肉の風味が全開でおいしい。

佐賀県鳥栖駅ホームの立ち食いうどん『中央軒』で出会った笑顔!構内営業課長・中村博孝さんはもう何年もこのホームで電車を見送っている

売場の中村さんと盛り上がったのは、九州新幹線開通まで鹿児島本線を走った特急「つばめ」の話。長きにわたってホームに停まる鉄道を見てきた先人に出会い、”鉄分”補給も完了だ。

『中央軒 鳥栖駅5・6番ホーム』 @鳥栖

麺類の立ち食いだけでなく、「かしわめし」などの駅弁も販売。鳥栖駅改札外、また新鳥栖駅にも店舗がある。

『中央軒 鳥栖駅5・6番ホーム』「かしわうどん」390円。煮干し、カツオだしが染みる。「いなり」1皿160円

ちなみに鳥栖駅5・6番ホームの店舗は九州最古の立ち食いうどんとされ、乗り鉄が憧れる場所でもある。

『中央軒 鳥栖駅5・6番ホーム』1911年に建造された鳥栖駅駅舎はレトロな雰囲気

[住所]佐賀県鳥栖市京町
[電話]0942-82-3166(本社)
[営業時間]7時~21時
[休日]無休
[交通]JR鹿児島本線ほか鳥栖駅ホームすぐ

撮影/大谷次郎、取材/岡野孝次

※2022年9月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

icon-gallery
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。3月14日発売の4月号では、「おにぎりとおべん…