SNSで最新情報をチェック

画像ギャラリー

愛知県に離島が3つあることをご存じでしょうか。「篠島(しのじま)」「日間賀島(ひまかじま)」「佐久島(さくしま)」です。名古屋圏では身近な行楽地として知られた存在ですが、首都圏を含め他の地域で暮らす方々には、ほとんどなじみのない島なのではないでしょうか。JR東海は2021年12月から2022年3月まで、3島の食や観光スポットをはじめ愛知県の人気グルメを広く伝えるためのキャンペーンを実施しています。師走に入って、その3島を訪れました。知多半島と渥美半島に囲まれた三河湾口部寄りに位置するこの3島は、風光明媚な環境はもちろん、豊かな海の幸も魅力です。そして島ならではの楽しみも。最終回で取り上げるのは、3島で一番広いのに最も島民が少ない「佐久島」。点在するユニークなオブジェで近年注目を浴びている話題の「アートの島」です。

長閑すぎる島の風景 島民は約200人

3島で最後に訪れたのは、佐久島です。海岸の総延長は約11kmで、第2回でも触れたように面積は1・73平方kmと一番大きいのに、人口はわずか212人(2021年12月1日現在)。東港渡船場付近には乗客らがいますが、島に降り立ち、付近の通りを歩いても、平日のお昼間ということもあって、ほとんど人に巡り合いません。

佐久島は、南知多町の篠島と日間賀島とは自治体が異なり、西尾市に含まれます。他の2島とは違って、西尾市の一色港から高速船が出ていますが、JR東海ツアーズが用意したEXサービス会員限定「島たびパス」による貸し切り船「海上タクシー『オルカ』」で、日間賀島から渡りました。時刻表では15分となっていますが、約10分で到着です。

海上タクシー「オルカ」

今回は、西尾市佐久島振興課の課長補佐、三矢由紀子さんに先導され、レンタサイクルで島の名所を巡ります。渡船場の背後を、ほぼ海岸に沿って延びる通りが、いわば島の“幹線道路”。三矢さんによると、「この島で一番広い道路」らしいです。

島で一番広い道路。前方に見えるのはレンタサイクルに乗った取材関係者

左に海を見ながら、自転車で進みます。向かった先は、東港渡船場から約2km離れた西港界隈。歩いても30分ほどの距離を、途中立ち止まりながら20分近くかけて移動しましたが、すれ違ったのはバイク2台だけです。

「普段は風が強くて、船が出ない時もあります。きょうは、本当に風がなくていいですね」(三矢さん)。この穏やかな晴天もあって、島の長閑(のどか)な環境をいっそう実感することができました。

1996年から「アートの島」に 若い女性たちに人気

西港には、「弁天サロン」という2階建ての古民家を改修した文化交流施設があります。佐久島は、地域おこしとして、1996(平成8)年から「アートの島」をアピールしています。現在、島内に点在する常設の主要なアートは22点。98年からそのアート活動の拠点となっているのが、「弁天サロン」です。中には、ギャラリーや島の歴史の展示コーナー、パソコンが使えるワーケーションルームも整えられています。

弁天サロン

人々の思いは実り、アートは、島を変えました。「“インスタ映え”をねらって、若い女性が来るようになりました」(三矢さん)。島の風景とアートは、たしかにSNSに載せる写真コンテンツにはぴったり。今では、年間10万人もの観光客が訪れ、お目当てのアートを目指します。

次のページ
風景に込められた魅力をあますことなく伝え...
1 2 3 4

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

絶対満足できる ご褒美うなぎ ほの甘いタレの香ばしい匂いに誘われて、今年もうなぎ特集がやってきました...