×

気になるキーワードを入力してください

SNSで最新情報をチェック

icon-gallery

年末年始、高速道路を使って帰省やレジャーに出かける人も多いことでしょう。最近のサービスエリア(SA)パーキングエリア(PA)におけるレストランや土産物の充実ぶりは目覚ましく、老舗・有名店が監修する人気メニューを味わうことができたり、ここでしか手に入らない限定品を豊富に揃えており、つい立ち寄りたくなる魅力にあふれています。訪れるたびに新しい発見がある東日本各地のSA、PAのなかで、この時期特におススメの20選を10選ずつ2回に分けて紹介します。「前編~行き~」では、今年1年間無事乗り切った自分へのご褒美として、ちょっと贅沢なメニューを中心にお届けします。

東京・日本橋人形町の名物「玉ひで」監修「親子丼」が東北自動車道羽生PA(上)に登場 テイクアウトもOK

年末、車のハンドルを握りながらふと、「1年間頑張った自分へご褒美に、ちょっと贅沢な食事でもしようか」と思いついたら、まず向かうべきは、東北自動車道羽生PA上り線(以下上、埼玉県)内にある「鬼平江戸処」へ。池波正太郎の代表作「鬼平犯科帳」とコラボレーションし、江戸時代の日本橋付近を再現した街並みのなかに、高速道路で初出店となる有名店がズラリと軒を構えています。

江戸時代にタイムスリップしたかのような街並みが広がる東北自動車羽生PA(上)

特筆すべきは、東京・日本橋人形町で1760年から続く鳥料理の老舗「玉ひで」が監修する「極・五鉄親子丼」(1580円)です。香ばしい地鶏と半熟卵の上品なハーモニーで、まさに自分へのご褒美にぴったり。2021年12月からは、テイクアウトも始まり、ますます手軽に老舗の名物料理をいただけます。

「極・五鉄親子丼」(1580円)

同じく「玉ひで」が監修した羽生PA(上)限定「一本うどん」(850円)もおススメです。丼に厚さ1センチ直径2センチはあろうかという極太うどんが1本豪快に盛り付けられたビジュアルは圧巻です。もちろん、味の方も開発に3年間もかけただけあって、お墨付きです。

「一本うどん」(850円)

「最優秀賞メニュー」「おみやげ総選挙1位」なら、常磐自動車道友部SA(上)へ

常磐自動車道も負けてはいません。友部SA(上、茨城県)では、2019年NEXCO東日本新メニューコンテスト茨城・千葉ブロック大会で、最優秀賞を受賞したメニュー「簪(かんざし)~IBARAKI愛~」(1500円)がいただけます。銘柄牛・豚の常陸牛やつくば美豚、肉厚でほのかな甘みが自慢の鹿島タコなど、茨城県が誇る食材をいっぺんに堪能できます。

「簪(かんざし)~IBARAKI愛~」(1500円)

また、茨城県産さつまいもと県内笠間産の栗で作られた友部SA(上)限定スイーツ「さつまろん」(8個入、1430円)を、お正月の茶菓子として、手土産にどうぞ。過去に「おみやげ総選挙」で1位を獲得した上品で風味豊かな銘菓です。
毎年のように「都道府県魅力度ランキング最下位」にとどまっている茨城の底力を知る良い機会でもあります。

次のページ
ガッツリお肉、豪華海の幸…食の宝庫、東北各地のSAを見逃すな...
icon-next-galary
1 2 3icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

関連キーワード

この記事のライター

中島幸恵
中島幸恵

中島幸恵

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。5月15日発売の6月号では、「うまくてエモい!…