×

気になるキーワードを入力してください

SNSで最新情報をチェック

実は隠していたが、私はサッカー腐女子である。しかし超贔屓のイタリアがまさかのW杯予選敗退という冗談みたいな展開になり、本大会の組み合わせ抽選もテキトーに見てたけど、グループB! 私はグループBを見るぞ! という気持ちになった組み合わせ。それがポルトガル VS…

icon-gallery
icon-gallery
画像ギャラリー

W杯好カード! ポルトガル対スペイン! 吉祥寺でイベリコ豚を食べてみる、の件

実は隠していたが、私はサッカー腐女子である。
かなり腐っているので人前では言わないのだが、今年はワールドカップイヤー!
しかし超贔屓のイタリアがまさかのW杯予選敗退という冗談みたいな展開になり、TV観戦の指針を失っている状況である。
そして、オランダまで敗退……。
うーん、イングランドでも応援しちゃおうかなぁ(←今、ここ)。
というワケで、本大会の組み合わせ抽選もテキトーに見てたけど、グループB!
私はグループBを見るぞ!
という気持ちになった組み合わせ。
それが、ポルトガル VS スペインの『イベリア半島対決』である。
隣国だし、ライバル国だし、強豪同士だしな。
それに、レアル・マドリードのファンが盛り上がりそうだよな。
クリロナ VS セルヒオ・ラモス。
ちなみに私は、どちらのルックスにも興味は一切ありません……。
そしてこの『イベリア半島対決』から、食い意地の張っている私は『イベリコ豚』を自動的に連想してしまい……。
美味しそうな対決だよなと思って、イベリコ豚の美味しいお店@吉祥寺を、独断でご紹介だ!

イラスト/スタジヲワンツー

まず、イベリコ豚ですが、イベリア半島の中央部から南部、つまりスペイン西部からポルトガル東部にかけて飼育されているブランド豚ですね。
イベリコ豚の中でもどんぐりだけ食べて、放牧されて育ったものが、『イベリコ・ベジョータ』といわれて、イベリコ豚の中でも最高級なワケですね。
吉祥寺のイベリコ豚の店の大本命は、連載36回でも紹介した『Eビアホール』である。
ここはなんと、イベリコ豚のメニューがとんでもなく多いのよ。
しかも、最高級『イベリコ・ベジョータ』を使ったメニューも出してるんですよ。
この店は、ランチ500円からある居酒屋ですよ!
イベリコ豚メニューもリーズナブル!
しかもイベリコ豚というと、お店で食べるときって、ハモン・イベリコ(イベリコ豚の生ハム)か、チョリソ、もしくはサラミあたりじゃない?
でもさ、『Eビアホール』は、イベリコ豚の串焼きがあって、いろんな部位(ロース・タン・バラ)がメニューにあるんだよ。
しかも、ハンバーグ、コロッケ、水餃子、チャーハン、野菜炒めまであって、イベリコ豚といえども豚肉だよな、と思い出させてくれる庶民的なラインナップもあるんですよ!
超おすすめ!
あと、ランチにもイベリコ豚メニューがあるよ。
メンチカツとか、生姜焼き、などなど(日替わりっぽい)。
しかも、1000円以下だよ!
ぜひ、食べるべし!

試合は深夜3時〜。だったら、イベリコドッグにする? それともイベリコ・ミートパイ?

いや、イベリコ豚にそんなにテンション高くないし……。
それに、キックオフは日本時間の深夜3時だろっ!
と思ったサッカーファンのみなさん!
そんなあなたにおすすめなのが、アトレ吉祥寺の『N』だ。
『はじめまして』という英語のmeetと、meatを語呂合わせした店名のソーセージ関連のテイクアウトのお店です。
ここはなんと、イベリコ豚のソーセージを1本ドーンとフランスパンに挟んだイベリコドッグがあるんですよ。
すごくボリューミーで、美味しいです。
いや、ボリューミーいらねぇし、試合は深夜3時なんだよ!
と思ったあなた!
実はミートパイもあるんですよ。
イベリコ・ポークとイベリコ・サラミの2種類。
大きさはおやつサイズですが、実はけっこうお腹にたまります……。
一応、おっさん女子的にイベリコ・ポークのミートパイ押し。
角切りにされたイベリコ豚がゴロゴロ入っていて、贅沢&濃厚。夜のおやつには向いてないけど、ワールドカップだ!
お祭りだ!
試合は土曜深夜だ!
ビールも飲んじゃえ!
っていうことで、テイクアウトしてみてはどうでしょう?
イベリコ豚@吉祥寺、いかがでしょうか?
イベリア半島対決、楽しみだなぁ。
で、日本代表はどうなの?

天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

icon-gallery
icon-gallery
画像ギャラリー
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

心に響く昭和めし 懐かしさを美化しているわけではない。より華美に、より贅沢にという令和の食シーンもい…