MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
おっさん女子の吉祥寺パトロール(36) お花見カオスの吉祥寺で路頭に迷ったら思い出してほしい店、の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(36) お花見カオスの吉祥寺で路頭に迷ったら思い出してほしい店、の件

花見シーズンの井の頭公園はカオスである。もはや桜を愛でているのか、人にまみれているのか、曖昧になってきてます……。そんなお花見カオスの吉祥寺で、路頭に迷ったら思い出して欲しい店を独断で紹介しようと思う。 ただし、満席で入れなくても、おっさん女子にクレームを入れるのはやめてください……(笑)。

お花見カオスの吉祥寺で路頭に迷ったら思い出してほしい店、の件


花見シーズンの井の頭公園はカオスである。

もはや桜を愛でているのか、人にまみれているのか、曖昧になってきてますが……。

でも、みんな集まってくるよね、どこからともなく……。

大量に……。

吉祥寺に住んでいると、井の頭公園で花見をしている酔っぱらいの知り合いから「ちょっと顔を出せ」という迷惑な連絡が、昔は相次いだ。

しかし、ここ数年は平和(歳のせいだろうか……)。

そして、お花見カオスの吉祥寺で路頭に迷った!
大人数で入れるごはんの店を教えてくれ! という
無茶ぶりな問い合わせがインターネットがない時代にはあった。

だが「この時期の吉祥寺は、予約なしの状況で大人数で入れる店はありません!」と、冷たく言い放っていたおっさん女子である。

しかーし、頼れるグーグル先生がいる今日このごろでも、結局、路頭に迷うと思うんだよね……。


とにかく街に人が多すぎて~~。

イラスト/スタジヲワンツー


そこで今回、お花見カオスの吉祥寺で、路頭に迷ったら思い出して欲しい店を独断で紹介しようと思う。

しかし、満席で入れなくても、おっさん女子にクレームを入れるのは、やめてください(笑)。

自己責任でお願いします。

そして、
予約上等! 
予約を入れろ! 
話はそれからだ!

と、クリスマスカオス回避について書いた連載22回を合わせて読んでほしい。


この時期の吉祥寺はそんな街です。


大人数で、お花見カオスの吉祥寺で路頭に迷った人には……!


まず、大人数のグループで路頭に迷う、という最悪の状況の方々。

北口バスロータリーで吉祥寺駅を背にして、はな子像の前に立ち斜め上を見上げてください。

そこに『Eビアホール』というデカイ看板が見えるはず。

この『Eビアホール』は、駅近にもかかわらず、地下にあり間口は狭いが、店はかなり広いという、ナイスな作りの店なのである。

平日&土日祝もランチ営業&昼飲みができるウレシイお店。

ランチ時でも、夜のメニューもオーダーOK。

270席はあるらしい。100人規模の宴会もOKらしい……(ネット情報)。

実は、ここのランチはメニューも充実していて、お昼は4~5人のグループでランチをする近隣の会社の方々が多いのである。

そして、なんと500円~1000円くらいとランチ価格にも幅があり、お財布の中身に合わせたメニューが選べてウレシイお店なワケよ。

そんな頼れる価格設定&キャパなのよ。


というわけで、昼夜問わず、路頭に迷ったグループには思い出してほしい。

店名が、なんとなく全国チェーン店っぽいのですが、実は違っていて、阿佐ヶ谷、西荻などにも展開している中央線っぽい地元感あふれるお店です。

いつも混んでいるからだと思うんだけど、フロアのスタッフがめっちゃキビキビしていて、好感が持てます。


お花見カオスの吉祥寺に、まさかの「丸腰」で出かけたカップルは?


そして、カオスな吉祥寺に、丸腰でデートに来ちゃったカップル……。

正直、無計画としか言いようがありませんが、まあ、しょうがないか……。

春だしな。

そんなカップルは、吉祥寺東急デパートにほど近い、西一条通りの『B』に行ってください。

地下にあって、ちょっと隠れ家風味の焼き鳥屋さんです。

六本木にも系列のお店があるという、ある意味、吉祥寺っぽくないオシャレ感漂う店内。

BGMはジャズ。

竹林の中庭があるよ。


実は土日祝は昼も夜も比較的空いていて、ゆっくりできるんだけどね。

キャパ的に75席くらいみたい(個室もある)だけど、カップルだったらカウンターもありなので、とりあえず覚えておくと吉祥寺で困った時に便利。

路頭に迷ったら、この店を思い出して&店に電話して&席を確保して! 

土日祝限定のランチはコースもあって、ちょっと特別感もあるから、お花見ランチにおすすめ。

コースじゃなくても、盛り付けなどは品がよくて美味しいよ。


今回は、花見シーズンに吉祥寺で路頭に迷う人々の転ばぬ先の杖になってみたが、もう、転んでもしょうがないくらいの気持ちでいたほうが、精神衛生上いいかもしれないよ……。






天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。

このグルメ記事のライター
天野七月@まとメシ

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
本格的に暑くなってきて、冷たいスイーツの季節がやってきましたな。 で今回は、王道のソフトクリームだ! 吉祥寺には、ソフトクリームをテイクアウトできる店が山のようにあります。しかし、私が今回推したいのは、東急吉祥寺デパートです。やっぱアイスクリームはデパートだよ。昭和で素朴な味が好きなおっさん女子だよ……。
以前、仕事で会った中年男性が、ムダに肌が超プリプリ……(笑)。思わず「肌がキレイですね」と言ったら、「女性によく言われます。毎日、肉を食べるといいですよ(キッパリ)」と返されました」(苦笑)。やっぱ肉か……。 体力も気力もお肌の調子も落ちてくる夏。ここで肉を食べておいたほうがいいと切実に感じていたおっさん女子が、今回は吉祥寺でおすすめの「肉のお店」を紹介しようと思います。
自粛期間中、“日本中が、もーやってらんない”となった期間、私が最もやってらんない気分になったのは、スーパーでおやつ関係が品薄になっていたことである。 そんな私を支えてくれたのは、フルーツゼリー。近所のスーパーではフルーツゼリーが品薄になることはなかった(苦笑)。 そこで今回は、私が大好きなレモンゼリーについて語ろうと思う……!
今回ご紹介するのは、2019年7月にオープンした『cafe&bar d●●●●●』だよ。 入れ替わりの激しい吉祥寺で1周年を迎えた&世界中を巻き込んだ“もーやってらんない”現象にも耐えていた(涙)。ということで、個人的に「おめでとう」の気持ちをこめてのご紹介です。店名はイニシャルだけどな……。
梅雨時のスッキリしない天気&気分を盛り上げるには、やっぱり肉だろ!と思うワケです。 そこで今回は、カツだよ! 揚げ物だよ! テンション上がるよね。もちろんカロリーも……。 吉祥寺の、カツ事情について考えてみたぞ〜!
この店の厨房を預かるシェフは御年70歳に近い大ベテラン。その手から生まれるカレーは「昔ながらの優しい味」と店主のチェトリさん。
2020年6月、とんでもなくスペシャルなサバ缶がデビューを果たした。その名は「とろさばプレミアム缶」。お値段はなんと「3缶1万円」! 1缶あたり「3333円」と、おそらく「日本一高いサバ缶」凄さは、価格だけではない。 今回は、素材から製造まで、とことん「プレミアムすぎる」サバ缶の魅力に迫った。
東京のおすすめつけ麺店を、グルメライターが実際に試食してレポート!数ある中からイチオシのお店をピックアップしてまとめ記事にしました。誰もが知っている超有名店、一風変わったカレー味や、辛さが自慢のお店など、どこも魅力的なところばかりです。
7675views ラーメン特集
瑞江の駅前で22年、夫妻で切り盛りする和食店。「焼きごはん」は、しっとりと焼き上げて特製の和風醤油ダレの旨みを存分に活かす。
そうめんと言えば夏の定番中の定番メニュー。普段は自宅で食べることが多いけど、わざわざ足を運びたくなるのがこちらの店。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt