SNSで最新情報をチェック

某ハナコ吉祥寺特集の発売~お花見シーズンが、吉祥寺にとって魔の季節というのは、もっと広く世間に知らしめたい出来事。とにかく人が多い……。酔っぱらいも多い……。桜は美しいが、その下にいる人間が……。そんなダークな気分を解消するために、私は井の頭公園の花見は、平日の早朝と決めている。

画像ギャラリー

吉祥寺のお花見は早朝推奨&モーニングを食べよう! の件

某ハナコ吉祥寺特集の発売~お花見シーズンが、吉祥寺にとって魔の季節というのは、もっと広く世間に知らしめたい出来事。
であるのですが(連載32回参照)、じゃあ、地元民はお花見をしないの? という疑問がわくかもしれません。
しかし、当然、お花見はします。
ただ、結論として、地元民の場合、散歩や日常生活の一環で花見がある、という状況ではないでしょうか。
ブルーシート広げたり、席取りしたり、仲間をたくさん集めたり……。
ガスコンロを持ち込こんで焼きそば作ったり、歌ったり、踊ったり、発電機起動させたり……は、自分はやらないと思っているおっさん女子だ。
正直、井の頭公園の見事な桜を堪能しなくて、何が地元民だ! と言いたいのですが、とにかく、人が多い、人が多い、人が多い……。
酔っぱらいも多い……。
桜は美しいが、その下にいる人間が……。

イラスト/スタジヲワンツー

そんなダークな気分を解消するために、私は井の頭公園の花見は、平日の早朝と決めている。
本当に、驚くほど、人がいないの(笑)。
ただ、平日でも午前11時ごろにはわらわらと人が増えてくるので、その時間帯には花見は終了していたい所存です。
そこで私のおすすめは、井の頭公園の早朝の花見からのモーニングなんですよ!
老婆心ながら、井の頭公園入口の人気カフェ『C』のモーニングは、朝から人がゾロゾロと並ぶので精神衛生上、私はおすすめしません。
ただ、ドリンクのテイクアウトはいいと思うけど。
そこで、ど真ん中で申し訳ないけど、モーニングは駅ビルのアトレ吉祥寺内の店を推奨します。
私のイチオシはパン屋さんの『D』のモーニング。
3種類あるんだけど、厚切りトーストセットは380円+税で、ものすごーくコスパが高い。
厚切りトースト+サラダ+コーヒーのセットです。トーストは、表面カリッで、中身はモチッで、さすがパン屋のクオリティだ!
ほかに、クロワッサンセット、サンドイッチセットもあるよ。
もちろん、モーニングのセットじゃなくても店頭に並ぶパンが、イートインできるのもウレシイよ。
『D』は7:30~10:00がモーニングタイムなので、花見の前に食べてもいいし、後でもいいけど、いずれにしろ、朝10時には花見+モーニングは終了するのが賢いです。

シャレオツなモーニングをご所望の、ナウなヤングには……!

もっとオシャレなモーニングがいいんだけどぉ、という若い娘さんや、若くないけど……、な人におすすめなのが、オシャレカフェの『T』ね。
しかし、ここのモーニングは9:00~10:00の1時間なので、花見が終わってからモーニングにするのがおすすめかも。
オリジナルブレットのトーストセットは、パン+バター+ジャム+ヨーグルト+ドリンクのセット。
グラノーラセットは、季節のフルーツグラノーラ+ヨーグルト+ドリンク。
彩りがキレイでオシャレです。
優雅な気分にはなれる気がする。
あと、朝から美味しいコーヒーが飲みたい人は、連載23回で紹介した『M』のモーニングもおすすめ。
ここも7:30~オープンしてるよ。
以上、すべてアトレ吉祥寺内のお店。正直、朝のアトレ吉祥寺は超使えます。

地元民ならではの、朝、散歩がてら行く桜並木こそ狙い目!

あとですね、地元民的には吉祥寺の外れでの花見も推奨です。
五日市街道を三鷹方面に歩いていくと武蔵野中央交差点という交差点があるのですが、そこから武蔵野市役所前に約1kmは続く桜並木(中央通り)がおすすめだ。
満開の時期には桜のトンネルのようになっていてキレイ。
三鷹駅からの方が近いような気がするけど、吉祥寺からバスでもいいかもね。
断然、人が少ないし、散歩にはもってこい。
そして、モーニングをするなら五日市街道沿いの『Hカフェ』がおすすめ。
武蔵野中央交差点から五日市街道を少し吉祥寺寄りに歩いたところにありま~す。
朝7:00~スタートで、ワンプレートのグッドモーニングセットがあるのです。
トースト2種+バター+小さな野菜+ヨーグルト+自家製ジャム+ドリンク(季節によって構成に変更ありかも)。
ここの店内はシンプルで小さなグリーンがたくさんあって、和みます。
若い娘さんが喜びそうなオシャレカフェの部類に入る気がしますが……。
若人は、お花見デートでも、イイかもねぇ。

天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

湯気の向こうに笑顔が浮かぶ ブーム到来!焼売 今号の大特集は「焼売」でございます。餃子じゃなくて!?...