MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
おっさん女子の吉祥寺パトロール(23) 師走の吉祥寺で一息いれたいおっさん女子が好きなコーヒー店の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(23) 師走の吉祥寺で一息いれたいおっさん女子が好きなコーヒー店の件

最近、吉祥寺の喫茶店&カフェが本当にどうかと思うので、あらためてディスってみようと思います。多くの店が、まず長居禁止を主張していますが、こういう店には、おっさん女子は二度と足を踏み入れません。長居する気はなくても、メニューを見ただけで、すごーくイヤな気分になるよねー。

師走の吉祥寺で一息いれたいおっさん女子が好きなコーヒー店の件

連載第1回で吉祥寺のコーヒー過多をディスったおっさん女子ですが、最近、吉祥寺の喫茶店&カフェが本当にどうかと思うので、あらためてディスってみようと思います。

まずですね、PC禁止、勉強禁止、長居禁止(混んでいる時は1~1時間半で退席願います云々)とかメニューに書いてある店が多いんだけど……!

吉祥寺!

多くの店が、まず長居禁止を主張していますが、なかにはPC&勉強&長居をフルスロットルで禁止している店があります。

こういう店には、おっさん女子は二度と足を踏み入れません。

長居する気はなくても、メニューを見ただけで、すごーく嫌な気分になるよね。

イラスト/スタジヲワンツー

まあ、店側としては「長居をするお客さんはスタバに行ってよ」という気持ちなのかもしれませんが……。

でもさー、仕事の資料も広げちゃダメなの? 

読書はありなの? 

ひとり客は、ただぼんやりコーヒーを飲んでいれば、お店は満足なの? 
と思うわけなんですよ……。


たとえば、連載11回で紹介した『長男堂』も注文の多い店だが、それは店主の独自基準がユニークで、常連さんにも支持されて応援されているワケよ。

それは、店の個性なのよ。


一方、禁止フルスロットルの店はさ、単に客単価を考えて空気読んでくださいね、っていう主張にしか思えないのよ。

ただ、表向きはコーヒーやお茶を楽しんでもらうため、とか書いてありますけどねぇ。


はっきり言って、全然、楽しめないけど。



喫茶店&カフェは、お客さんがコーヒーやお茶を飲みつつ、思い思いのことをしていい場所じゃないの? 

PCで仕事する人あり、読書する人あり、デートする人あり、ぼんやりする人あり、おしゃべりする人ありで、店のバランスってできてくるんじゃないの? 

少なくとも吉祥寺で長くやっている店は、そういうバランスで成り立っていると、おっさん女子は思う。

そんなおっさん女子がすすめる「一息対応」のコーヒー店!


お客を選別したかったら、店の作りを工夫すればいいと思うんだけど。

たとえば、最近、吉祥寺で増えているコーヒースタンドは、長居する作りにはなっていないし、テイクアウト中心だったりするから、狙いがはっきりしていてイイと思う。


でも、この店の作りで、禁止フルスロットルって、じゃあこの空間いらねーよ、何のため? と思ったりするおっさん女子なワケですよ。あーあ。


でもですね、こんなおっさん女子にも好きなコーヒー店があるんですよ。

それは、アトレ吉祥寺に入っている『M』だ。


ここはチェーン店だけど、すごくいい。

吉祥寺以外にも店舗はあるんだけど、たとえば表参道はテイクアウト中心、銀座はくつろぎ空間……、というように立地によって店のコンセプトが違うの。

そして、ちゃんとコンセプトに合った店の作りになっているのであった。


吉祥寺店のコンセプトは、たぶん「一息入れたい人向け」だと思う(勝手に憶測)。


私は飲んだ帰りとか、仕事の帰りとか、家に帰る前に「ちょっと一息」で入ることが多い。

ほかのお客さんもそんな感じ。

平均滞在時間15~20分じゃないかな。

そんな「一息対応」の店なんですよ。

あと、コーヒー豆を買いに立ち寄る人も多い印象。

ここの豆はオシャレなボトルに入っていて、ちょっとした手土産やプレゼントにもおすすめ。

こぢんまりとしてるけど、駅の喧騒とは切り離されている作りになってるんだよね。


あとねー、店のスタッフの人たちがキビキビ&笑顔で好感度高いよ。
楽しく働いている雰囲気がお客さんにも伝わっています。

コーヒーも、1杯1杯ハンドドリップで、ていねいに淹れてくれて、美味しい。


しかも、何も禁止されてないし。
(ちなみに、すまん! 禁煙!)

VIVA! FREEDOM! 

7時30分~22時までやっていて、いつ何時も、一息入れられるんだよ~。


年の瀬~年末年始の吉祥寺で、ムダに混んでいるコーヒーチェーン店や、落ち着かないコーヒースタンド、禁止フルスロットルの店にうんざりしている人にはおすすめです。







天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。

このグルメ記事のライター
天野七月@まとメシ

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
吉祥寺の焼き鳥屋といえば『 I 』である。 吉祥寺通りの総本店、井の頭公園の入り口の公園口店は、みんな知ってるよね。 しかし実はもう一店舗あるんですよ。吉祥寺北口店が! ここは、意外に知られてないんだよね……。
本格的に暑くなってきて、冷たいスイーツの季節がやってきましたな。 で今回は、王道のソフトクリームだ! 吉祥寺には、ソフトクリームをテイクアウトできる店が山のようにあります。しかし、私が今回推したいのは、東急吉祥寺デパートです。やっぱアイスクリームはデパートだよ。昭和で素朴な味が好きなおっさん女子だよ……。
以前、仕事で会った中年男性が、ムダに肌が超プリプリ……(笑)。思わず「肌がキレイですね」と言ったら、「女性によく言われます。毎日、肉を食べるといいですよ(キッパリ)」と返されました」(苦笑)。やっぱ肉か……。 体力も気力もお肌の調子も落ちてくる夏。ここで肉を食べておいたほうがいいと切実に感じていたおっさん女子が、今回は吉祥寺でおすすめの「肉のお店」を紹介しようと思います。
自粛期間中、“日本中が、もーやってらんない”となった期間、私が最もやってらんない気分になったのは、スーパーでおやつ関係が品薄になっていたことである。 そんな私を支えてくれたのは、フルーツゼリー。近所のスーパーではフルーツゼリーが品薄になることはなかった(苦笑)。 そこで今回は、私が大好きなレモンゼリーについて語ろうと思う……!
今回ご紹介するのは、2019年7月にオープンした『cafe&bar d●●●●●』だよ。 入れ替わりの激しい吉祥寺で1周年を迎えた&世界中を巻き込んだ“もーやってらんない”現象にも耐えていた(涙)。ということで、個人的に「おめでとう」の気持ちをこめてのご紹介です。店名はイニシャルだけどな……。
ユーグレナ(ミドリムシ)を配合した緑麺が代名詞の『麺屋 六感堂』がセカンドブランドを開業。“化学調味料を使わない体にやさしいラーメン”という本店のコンセプトは崩さず、新店舗では郷愁漂う懐かしい中華そばを提供する。
爽やかながら甘みもある日本生まれならではのバランスのよさはこれぞ洋食系の味わい!
吉祥寺の焼き鳥屋といえば『 I 』である。 吉祥寺通りの総本店、井の頭公園の入り口の公園口店は、みんな知ってるよね。 しかし実はもう一店舗あるんですよ。吉祥寺北口店が! ここは、意外に知られてないんだよね……。
いま思い出してもあの衝撃は記憶に残る……。 「なにこれ⁉ 美味い!」と思わず声を張りあげてしまったほど。 この素敵な出会いは、ディナーに誘われて迷い込んだお店で始まった。それが、内外観には草木の緑とレンガで彩られ、入った瞬間、なんとも言えない温かい空気を感じる「ONZORO.」というビストロだった。
お茶割り好きならすでにご存知であろう学芸大学の『茶割』。その新店として今年3月に登場したのが『茶割 目黒』。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt