MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
手打ちそば 神楽坂 大川や|艶やかに光る見た目も美しい端正な極細打ち(そば/神楽坂)

手打ちそば 神楽坂 大川や|艶やかに光る見た目も美しい端正な極細打ち(そば/神楽坂)

市ヶ谷の名店『大川や』の店主・大川英児さんが、自らの想いを込めた蕎麦屋を神楽坂に誕生させた。従来の店は信頼の厚い弟子に任せ、新店で大事にしたのは「すべてに自分の手仕事が入ること」。

perm_media 《画像ギャラリー》手打ちそば 神楽坂 大川や|艶やかに光る見た目も美しい端正な極細打ち(そば/神楽坂)の画像をチェック! navigate_next

手打ちそば 神楽坂 大川や(最寄駅:神楽坂駅)

のど越しと味わいの両立を大事にしています

蕎麦は十割と粗挽きの二八。「常陸秋そば」を玄蕎麦で仕入れて真空保存し、使う分だけ石臼挽きで自家製粉している。 十割でもツルッとしたのど越しとふくよかな甘み・香りの両立を実現させたのは、粗めに挽いた粉と微粉を独自に合わせているから。厚削りと粉砕の鰹節から取るダシのまろやかなつゆとのバランスも秀逸。シンプルゆえにごまかしが利かない蕎麦の真髄をとくと味わいたい。

穴子天せいろ
2100円

サクッと軽やかに揚げられた穴子は専門店顔負けの味わい。せいろは十割。蕎麦は他に十割と二八の食べ比べができる二種せいろ

二種せいろ(十割と粗挽き)
1400円

十割は微粉に2、3割ほど粗めの粉を加え、のど越しと香りを愉しめるようにしている。二八で打つ粗挽きは1日限定15食。つゆは鰹ダシにかえしを合わせて寝かせたもの

鴨ぬき(冬期のみ)
1400円

鴨ロース肉とネギ、季節野菜を鰹ダシなどで味付け、土鍋で提供する

玉子焼
700円

見た目の美しさにもこだわった一品。かけに使うダシを入れて焼く

[その他のメニュー] 十割せいろ850円、粗挽きせいろ900円、鴨せいろ1600円、かけ850円、鰊そば1600円、板わさ600円、しらすおろし700円など、コースは昼3000円~ 4500円~(前日までの要予約

手打ちそば 神楽坂 大川や

[住所]東京都新宿区神楽坂6-25 [TEL]03-3269-5011 [営業時間]11時~14時LO、18時~21時、火は夜のみ、日は11時~15時※ランチタイム有 [休日]祝・月 [席]カウンターあり、全16席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、夜のみお通し500円別 [交通アクセス]地下鉄東西線神楽坂駅1番出口から徒歩2分

電話番号 03-3269-5011
2017年1月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
飲食店激戦区・恵比寿の地で24年続く実力店。店主は『一茶庵』出身で、茨城県産の常陸秋そばを中心にした手打ち蕎麦を供する。
夏の蕎麦といえば、せいろを思い浮かべる人が多いハズ。でも、それだけではありません。冷たいおツユの冷やかけ、もり汁や蕎麦切りにひと工夫した変わり種まで。夏を感じる一杯をお届けします。
「物を大切にすると命が宿る。きれいな家には穏やかな人が育ち、家が恩返しをしてくれる」。店主の宮下厚志さんは、この言い伝えが好きだという。
最初にかけ汁を口に含んだ時、もしかしたら「おや?」と思うかもしれない。一般的なつゆに比べると、ほんの少しだけ、かえしの風味が淡い薄口仕立て。
蕎麦屋を営んでいた父の背中を見て育ち、「物心がついた頃から蕎麦職人になりたかった」と話す店主の早川さん。大事にするのは、香り、旨み、甘み、色味など全体のバランスだ。
最新記事
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。今回紹介するのは「ホルモンしま田」。前回に引き続き、飲食店系Youtuber。肉のプロならではのレシピや実験・検証動画がすこぶる面白いという。チャンネル登録者数も急上昇です!
この連載では、20年ほど前、世界一周の旅の途中で体験した「へんな夜」について綴っています。ドレーク海峡編に続き、第2夜はルーマニアの民家で見た驚きのベッドルームについて前編・後編に分けてお届けします。
釧路の長昆布、原木シイタケ、枕崎産の本枯節を厚削りにし、約10時間かけて旨みを抽出したダシが味の肝。三輪素麺や小豆島のオリーブ素麺など各地のそうめんやオリジナリティ全開のフォーがいただけて、ダシ好き、麺好きの私は舌と心を鷲掴みにされてしまった。
あいがけのひと品から抜け出し、それだけですこぶる美味しいと、今、キーマカレーが人気上昇中だ。そこでキーマを味わうならここ!的な三ツ星店を集めてみました。個性あふれる味わいに悶絶必至です。
看板商品の「デミグラスソース」と、トマトの甘みと酸味のバランスが絶妙な「トマトソース」の2種のミートソースをメインに、四季ごとの季節限定メニューを展開する。味のベースとなる自家製フォンは、焼き上げた牛骨と野菜から旨みを抽出して凝縮。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル