SNSで最新情報をチェック

グルメライターが駒場東大前の[BUNDAN COFFEE & BEER]を実食レポート。“文学”というと、ちょっと取っ付きにくいイメージだが、食からアプローチしてみてはいかがだろう。日本近代文学館内のこのカフェでは、過去の名作に登場した料理や、食を愛した文人に由来するメニューを楽しめる。

画像ギャラリー

BUNDAN COFFEE & BEER(最寄駅:駒場東大前駅)

文豪が愛した料理を現代風にアレンジ。食で始める文学
「そぼろカレー」は大の料理好きだった宇野千代が、同棲していた東郷青児のために作ったカレーがモチーフ。隠し味のハチミツと野菜の甘みがじんわり舌に伝わってくる。もう一品は谷崎潤一郎の『蓼喰う虫』に出てくるサンドイッチで、作品内ではレバーの腸詰めを挟むが、こちらは現代風にアレンジしたレバーパテ。カリッとトーストした「シニフィアン シニフィエ」のパンとのハーモニーが絶妙だ。食後は棚にある本を手に取って、ゆるりと午後のひと時を過ごすのもいい。

レバーパテトーストサンドイッチ

1000円

そぼろカレー

1000円

お店からの一言

「蔵書は約2万冊!好みの本を見つけてください」

BUNDAN COFFEE & BEERの店舗情報

[住所]東京都目黒区駒場4-3-55(日本近代文学館内) [TEL]03-6407-0554 [営業時間]9時半~16時20分(15時50分LO)※ランチタイム有 [休日]日・月・第4木 [交通アクセス]京王井の頭線駒場東大前駅西口から徒歩8分

電話番号 03-6407-0554

2018年2月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...