SNSで最新情報をチェック

横浜家系 志田家(ラーメン/阿佐ヶ谷)|専務の神田寛之さんは、昨年10月に閉店した伝説の名店『桂家』で最後まで厨房に立っていた人物。人気店『武蔵家』で修業した経歴もあり、東京を代表するふたつの家系ラーメンのいいところを融合させている。

画像ギャラリー

横浜家系 志田家(最寄駅:阿佐ヶ谷駅)

人気家系ラーメン桂家と武蔵家のハイブリッド!

『桂家』から継承したのはゲンコツと背ガラ、豚肉の旨みがしみ出した濃厚なスープ。醤油感のあるタレを合わせていて、飲み応えがある。総本山『吉村家』の系譜を受け継ぐ店にだけ使用が認められている酒井製麺の麺を合わせており、おなじみのもちもち食感が楽しめる。一方、『武蔵家』から継承したイズムは“食べやすさ”。パンチを効かせすぎず、マイルドなスープに仕立てるため、『桂家』では使用しない鶏ガラを加えてクリーミーさを演出。ライスは100円で食べ放題。コスパも抜群だ。

ラーメン 並盛

680円

もっちり厚めの皮で包んだ定番「手造餃子」(350円)。フカヒレや海鮮が入ったものもある

おつまみとしても人気の「キャベチャー」(150円)

お店からの一言

代表 志田 健さん(左)専務 神田寛之さん(右)

「これからどんどん志田家ブランドを展開していきます!」

横浜家系 志田家の店舗情報

[住所]東京都杉並区阿佐谷北1-37-6 [TEL]03-5356-6099 [営業時間]11時~15時、18時~翌1時 ※ランチタイム有 [休日]月 [交通アクセス]JR中央線ほか阿佐ヶ谷駅北口から徒歩8分

電話番号 03-5356-6099

2018年5月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

あの人も大好きな うつくしき蕎麦 輪郭は淡く朧げ。しかし、どこか心の原風景を刺激する郷愁感溢れる香り...