SNSで最新情報をチェック

気にはなるけど入るのに勇気がいる店がある。扉の向こうはどんな世界?

画像ギャラリー

※閉店※紫長(最寄駅:恵比寿駅)

工夫を凝らした和食が旨い大人の隠れ家

エイッと暖簾をくぐると、そこはわずか8席のカウンター空間。キリリと白衣を着た店主が迎えてくれる。むむ、アタリの予感……と、これが同店の第一印象である。予感が確信に変わるのはコース1品目からだ。ある日は牛乳で作る嶺岡豆腐とイクラの華やかなひと皿。これがクリーミーで味わい深くて。実は店主が千葉出身で、地元の嶺岡牧場が日本の酪農発祥地ゆえに牛乳の豆腐を出すことが多いのだそう。郷土愛は他の食材にも。魚は千葉県産を中心に揃え、米は実家で作る田植え後農薬不使用のコシヒカリ。見た目も味も工夫された料理に、ほぉ~と感心することしきり。さらに季節でアワビなど上物も登場すると聞けば、四季ごとに通いたくなる。勇気を出して入って正解と思う瞬間である。

コース 仕入れによって内容と品数は変わる

5400円

みねおか豆腐のいくら掛け、お造り(鯵、鯛)

牛乳で作った豆腐はコクがあってもっちり。イクラが散りばめられた見た目も美しい。お造りは東京湾のアジなど

鯵の握り

握りが出ることもあるのは長谷川さんがかつて寿司屋で修業したこともあるから。シャリには寝かせた古米を使う

桜海老と自家製紅生姜のかき揚げ

風味豊かな桜エビと紅生姜が相性抜群

お店からの一言

店主 長谷川裕久さん

「料理に工夫を感じてもらえるコース構成を心掛けています」

※閉店※紫長の店舗情報

[住所]東京都渋谷区恵比寿1-29-16 [TEL]03-6721-9664 [営業時間]12時~14時、18時~23時(22時LO)※ランチタイム有 [休日]日・祝 [席]カウンターのみ、全8席/全席禁煙/予約可/カード可/サ10% [交通アクセス]JR山手線ほか恵比寿駅東口から徒歩8分 ※コースは前日までに要予約

電話番号 03-6721-9664

2018年6月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

少しだけ落ち着きを取り戻してきた今日この頃。ちょっと陽気に外食を楽しみたい!というわけで、トレビアー...