SNSで最新情報をチェック

地道で、さりげない。その餃子の味も、形も、店の姿勢も。

画像ギャラリー

自由が丘 大連(最寄駅:自由が丘駅)

半世紀以上愛される、優しくて懐かしい味

だけど何だか心に染みて、懐かしさが込み上げてくるような……。自由が丘の文化財とも称されるこちらは大連から引き揚げた初代が55年ほど前に始めた店。現在は甥の広田さん家族が切り盛りしている。メニューは餃子と焼きそばだけ。餃子は小麦粉の粘りと旨みを引き出すようひと晩熟成させた手延べの皮で、甘さ広がる白菜のクリーミーな餡も特長だ。ごま油と白絞油をブレンドした油で焼き、全体にコクを加えながら野菜多めの優しい風味を生かしている。目標は「味を変えないこと」。伝統の技を実直に守る家族の絆と丁寧な仕事ぶりにも頭が下がる。

焼餃子(10個)

700円

焼きそば

600円

味付けは塩コショウ。干しエビの風味が利いている。好みでソースをかけていただく。酒類を注文するとサービスで出る自家製の肉味噌も絶品

水餃子

750円

水餃子は塩コショウと醤油などで味付けたスープ入り。モチモチ感が増して旨い

お店からの一言

店主 広田 平さん

「昔ながらの味を家族で守っています」

自由が丘 大連の店舗情報

[住所]東京都目黒区自由が丘1-13-10 [TEL]03-3717-6072 [営業時間]12時~14時、16時半~21時 [休日]月曜日(月曜日が祝の場合は営業し、翌火曜日休み)※ランチタイム有 [座席]カウンターのみ、全14席/全席禁煙/予約不可/カード不可/サなし [交通アクセス]東急東横線ほか自由が丘駅北口から徒歩2分

電話番号 03-3717-6072

撮影/大西尚明 取材/肥田木奈々

2018年10月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

関連キーワード

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...