SNSで最新情報をチェック

「対面商売なんだからさ、なるべく楽しく食べてもらいたいよね」。にこやかにそう語るご主人の心意気が溢れんばかりの「うに丼」だ。

画像ギャラリー

すし小川(最寄駅:東銀座駅)

能登の塩で甘さ引き立つウニがたっぷり

刻み海苔が散らされた酢飯の上にたっぷりのウニ。長年の付き合いと経験で、季節によってカナダや利尻、礼文といいところを仕入れる。一緒に出される能登の塩をパラパラ振れば、さらに甘みが引き出されてたまらない。人気を二分する握りには、冷凍ものは使わないこだわりの本マグロ。これも見逃せないと付け加えておこう。

うに丼

1500円

にぎり1.5人前

1450円

にぎり1.5人前にはヅケ、トロ、大トロと生のマグロが3貫。長崎や高知、冬場は大間などの本マグロだ

自慢の2貫(小肌・穴子)

おまかせ7000円より

よく馴れてじんわり旨い小肌、ツメが甘すぎずふんわり柔らかな穴子。丁寧な仕事が伝わる人気の握り

お店からの一言

店主 小川哲司さん

「喜んでもらえるのがうれしいねえ」

すし小川の店舗情報

[住所]東京都中央区銀座3-14-18 ONO
DERAビル地下1階 [TEL]03-3545-2631 [営業時間]11時半~14時(土はなし)、17時~23時 ※ランチタイム有 [休日]日・祝 [席]カウンターあり、全33席/全席禁煙/予約昼不可、夜は可/カード夜のみ可/サ・お通し代なし [交通アクセス]地下鉄日比谷線ほか東銀座駅5番出口から徒歩4分

電話番号 03-3545-2631

撮影/西﨑進也 取材/池田一郎

2019年5月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...