SNSで最新情報をチェック

京都の四条支店がオープンした1965年に先代の猪田七郎が考案したレシピが今も受け継がれている。ほどよくジューシーさが残った柔かなカツは、国産牛のランプに近い部位を使用。

画像ギャラリー

イノダコーヒ(最寄駅:東京駅)

京都の名店で愛されてきた憧れのカツサンド

パンは京都で使っている塩味のある食パンに近いものが選ばれ、トーストした香ばしさやパンに塗られた辛子バターが特製ソースと相まって、ぺろりと完食。カリカリに焼かれたベーコンはそのまま味わうもよし、カツとパンの間に挟み、噛むほどに広がる旨みとビーフカツのハーモニーを楽しむのもよし。

ビーフカツサンド、アラビアの真珠

2000円、680円

ミックスサンド

1150円

昔ながらの製法で作られた厚みのあるボンレスハムがサンドされ、お肉らしい味わいも楽しめる。マヨネーズは自家製

お店からの一言

店長 加来康子さん

「月替わりの店舗限定メニューもぜひ」

イノダコーヒの店舗情報

[住所]東京都千代田区丸ノ内1-9-1 大丸東京店8階 [TEL]03-3211-0033 [営業時間]10時~20時(19時半LO)、木・金10時~21時(20時半LO)※ランチタイム有 [休日]無休 [席]カウンターあり、全59席/全席禁煙/予約不可/カード可 [交通アクセス]JR山手線ほか東京駅八重洲北口から徒歩1分 

電話番号 03-3211-0033

撮影/貝塚 隆 取材/井島加恵

2019年6月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...