SNSで最新情報をチェック

JR名古屋駅構内でモーニングや味噌カツ、鉄板ナポリタン、あんかけスパなどの名古屋めしを楽しめるのが、名古屋うまいもん通り広小路口にある『なごめしカフェ トラッツィオーネ ナゴヤ』だ。 新型コロナウイルスの感染拡大防止でGW中も閉店していたが、5月14日(木)より併設する『ぴよりんshop』のテイクアウト営業が再開した。

画像ギャラリー

テイクアウト&お取り寄せ_名古屋駅構内『なごやめしカフェ トラッツィオーネ ナゴヤ』の名古屋めしランチが再開!「なごめし弁当」も好評発売中!

JR名古屋駅構内でモーニングや味噌カツ、鉄板ナポリタン、あんかけスパなどの名古屋めしを楽しめるのが、名古屋うまいもん通り広小路口にある『なごめしカフェ トラッツィオーネ ナゴヤ』だ。

新型コロナウイルスの感染拡大防止でGW中も閉店していたが、5月14日(木)より、併設する『ぴよりんshop』のテイクアウト営業が再開した。

「ぴよりん」(1個380円~)とは、名古屋コーチンの卵を使った、ひよこ型のスイーツ。
フワフワのスポンジ生地の中には厳選した生クリーム2種をベースとしたババロアが入っている。
味もさることながら、ビジュアルの可愛らしさから、SNSで人気が爆発。
販売再開を喜んでいる方も多いと思う。

『なごめしカフェ トラッツィオーネ ナゴヤ』は5月末まではテイクアウト営業のみだったが、6月1日(月)から営業を再開した。
ここの名物ランチ(11時~14時)は、熱々の鉄板でいただく「鉄板ナポリタン」(単品794円)。
もっちり食感の太麺に染み込んだケチャップのコクと酸味が食欲をかき立てる。

唐揚げやハンバーグをトッピングした鉄板ナポリタンも用意している。
写真は、名古屋らしく大きなエビフライをのせた「海老フライ&鉄板ナポリタン」(単品1304円)。
海老フライにはたっぷりのタルタルソースがかかり、ケチャップとの相性も◎。

ランチでは、「あんかけスパゲティ」(単品794円)も人気。
こちらも、唐揚げやハンバーグ、海老フライのトッピングも可能だ。
スパイシーなあんかけソースは、どの具材にもよく合う。

営業を再開する前はイートインスペースを閉鎖して、テイクアウトメニュー「なごめし弁当」を販売していた。
6月1日以降も平日限定で販売を継続する。
こちらは、大きな唐揚げがたっぷりと入って食べ応えがある「からあげ弁当」(600円)。

こちらは、「ぴよりんオムライス」(500円)。
フワフワ食感の卵の真ん中には「ぴよりん」の焼き印が。
カワイすぎて食べるのがもったいないって!?
いやいや、思いきりパクついてください(笑)。

「なごめし弁当」の中でも人気なのは、名古屋めしの代表選手、味噌カツがメインの「味噌カツ弁当」(800円)。
甘辛い味噌ダレがかかったトンカツは、ご飯がすすみまくり。

※撮影用にマスク等は外しています。

テイクアウトの販売時間は、11時~13時。
3個以上の注文の場合、電話予約も受け付けている。

なごやめしカフェ トラッツィオーネ ナゴヤ
[住所]愛知県名古屋市中村区名駅1-1-4 JR名古屋駅名古屋うまいもん通り広小路口
[TEL]052-589-0805
[営業時間]7時~22時半(22時L.O.)
[定休日]無休

永谷正樹(ながや・まさき)
1969年生まれのアラフィフライター兼カメラマン。名古屋めしをこよなく愛し、『おとなの週末』をはじめとする全国誌に発信。名古屋めしの専門家としてテレビ出演や講演会もこなす。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

少しだけ落ち着きを取り戻してきた今日この頃。ちょっと陽気に外食を楽しみたい!というわけで、トレビアー...